外国人スタッフへの接客指導で気をつけてほしいこと



こんにちは。

 

【一番に思い出され選ばれる人になる!】

「外見力」「察知力」「会話力」

3つの力で選ばれる人を育成する

接客アドバイザー

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

 

 

昨日、コンビニのレジに並んでいると

中国人スタッフ(男の子)の

聞き間違いに腹を立てた男性客が

執拗にそのスタッフを責めている現場に遭遇。

 

b802e5f3cb770fe7048576be5d95bd86_s

 

最初はレジの打ち間違いで

金銭授受のトラブルでもあったのかと

思っていたのですが、

どうやら

「いくつ」と「いくら」の聞き間違い

腹を立て、

「コミュニケーションが取れないのは

問題だ!誰かわかる人を呼べ!

店長を呼べ<(`^´)>」

となっていた模様。

 

しかし、その男性客、

そのトラブルで他のお客さんが列をなしていることに

気が引けたのか、

「先に並んでいる人の会計をやれ。

俺は待っているから」

と私に会計を譲ってくれました。

 

ちょっとCA魂が出てしまい、

なんとかこのプンプン丸に怒りを鎮めてもらいたく、

「お先にすみません。

…いかがなさいました?」

と声をかけ、中国人のスタッフくんには

「日本に来て何年ですか?」と声をかけつつ、

そのプンプン丸に

「日本語のヒアリングミスくらい許してあげなよ感」

を出してみたものの、

解決には至らずでした(*_*)

 

 

きっと私が帰ったあとも

執拗に責められていたと想像します。

可哀想に…

 

 

ただ、私が気になったのは

その中国人の男の子、

途中から「なんかまずい状況だ」と

気づいて何度もお詫びをしていたものの、

最初は事態がのみ込めず、

笑ってごまかそうとしているようにも見えました。

それが火に油を注いだのかもしれません。

でも、

怒りに任せた早口の日本語で責められたら

聞き取れるものも聞き取れませんけどね(-“-)

そして、残念だったのは

店にいた日本人スタッフがその様子に気づきながら

知らん顔をしていたことです。

うまく解決できずとも

せめて日本語ができるわけですから

そこは助け舟を出してあげて欲しかったです。

 

あと…

「笑顔の接客」は

どの場面でも通用するものではありません。

「笑顔」は接客にとって大きな役割を果たしますが、

接客とは

相手あってこそのもの。

笑顔ですべてが切り抜けられると思ったら

大間違いです。

 

 

職場内で外国人スタッフに

そのように教えているとすれば

またこのようなトラブルが起きてしまうでしょうね。

 

会社によって教育プログラムも違い、

人材育成にかける時間もコストも様々だと思いますが

最近よく見かける外国人のスタッフが

現場で混乱しないように

しっかりとサポートしてあげてほしい

思った次第です。

 

そして、これは私の個人的な願いですが

お客側も、異国の地で働く彼らに少し心を寄せて

寛大な心で接してあげてよと

プンプン丸を見て心底思ったのでした…

(大騒ぎするほどのことでもないんだしね)

 

 

 

 

 

 

 

人生を決める

「ありがとう」と「すみません」の使い分け
(株式会社アルファポリス)

FB_IMG_1466757952345

Amazonでも注文できます♪

☆七條千恵美の研修・講演について☆

☆七條千恵美のインタビュー記事はコチラ☆











個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.