担当以外のお客さまも「すべてお客さま」です。



こんばんは。

 

 

【一番に思い出され選ばれる人になる!】

「外見力」「察知力」「会話力」

3つの力で選ばれる人を育成する

接客アドバイザー

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

 

 

 

昨日は、「お友達と家で遊びたい」

という娘に追い出される形で私はカフェに。

せっかくの機会なので

入ったことのないお店に行くことにしました。

 

入った瞬間、

「あ、なんか間違った…」と思うほど、

そこはまるでご長寿会のサロンのような店♪

 

でもまあ、せっかく入ったので

気にせずに居たわけですが

ちょっと記事になりそうなことがあったので

ご紹介。

 

その店は、ホールに女性スタッフが2名、

キッチンに男性スタッフが1名。

 

 

アイスティー1杯で

長居をするのが心苦しくなった私は

チーズケーキを追加注文しようと思い、

スタッフに声をかけようと辺りをキョロキョロ。

 

 

すると、そのタイミングでグループのお客さまが

3組ほど続けて来店。

ホールのスタッフさんたちは一気に忙しくなりました。

 

座席の案内、おしぼりとお水を出す、注文をとる、

そして他のお客さまからも声がかかる、

空いたテーブル上にあるグラスやお皿を片付ける…

「あ~。忙しそうだな。

ちょっと声をかけるのを待とうかな…」

 

という気持ちでしばらくスタッフさんを見ていました。

が、

あとから入った3組のあとに注文すると

私のチーズケーキが

なかなか来ないと予想されること(笑)、

そして、

たまたまスタッフさんが近くにきたということもあり、

わりと大きめの声でスタッフさんの背後から

「すみませーん!」

と声をかけました。

e5d534a4415cecd969aaed25286768d1_s

 

 

しかし、

気づいてもらえず…(^▽^;)

いや、きっと

聞こえていたと思いますが、

忙しさのあまり

「空耳扱い」されたのかもしれません。笑

 

 

まあ、忙しかったのでしょう。

しかし、私の「すみませーーん!」が

空振りだったことがなんだか恥ずかしく…。

なんていうか、

走って電車に乗ろうとしたのに

目の前でドアが閉まったときのような

周りからの視線が痛いみたいな。笑

 

 

少しバツの悪い気持ちでいたそのとき、

キッチン担当の男性スタッフが

真顔でこちらに向かってきました。

あまりの真顔っぷりに

何か怒られるのかと思っていたのですが

彼は、わたしの

「すみませーん」に気がついて

わざわざキッチンから拾いにきてくれたのでした。

 

顔は真顔ではあったものの、

守備範囲以外のことに気がついて

声を拾ってくれたことは素直に嬉しかったです^^

 

 

ネイルサロンなどでも感じることですが

自分の担当のお客さま以外には

挨拶もしなければ

チラッとも見ないスタッフも見かけます。

 

 

お店の中にいるお客さまは

担当でも

担当でなくても

守備範囲内でも

守備範囲外でも

すべて「お客さま」です。

作業に没頭することなく、

アンテナは常に立てておきましょうね~♪

 

 

 

 

 

人生を決める

「ありがとう」と「すみません」の使い分け
(株式会社アルファポリス)

FB_IMG_1466757952345

Amazonでも注文できます♪

☆七條千恵美の研修・講演について☆

☆七條千恵美のインタビュー記事はコチラ☆











個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.