粗相が記憶にも残らなかった店について



こんにちは。

 

【一番に思い出され選ばれる人になる!】

「外見力」「察知力」「会話力」

3つの力で選ばれる人を育成する

接客アドバイザー

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

 

先日、友達家族と一緒に

あるお店に夕食を食べに行ったときのこと。

 

料理をみんなでシェアするために

小皿を頼んだのですが…

 

重なっていた小皿の中ほどに

なんと、

使用済みであろうと思われる

汚れた小皿が挟まっていました…( ゚Д゚)

 

それを見た子供たちは

「ゲゲッ!(き、きたない…)

と固まっていました。笑

わたしは、ちょっとビックリしたものの

比較的冷静に

「あー、変えてもらおうね」

と言ったくらいのことでした。

そのときは、一瞬

「これもブログ記事のネタにするか?」

と頭をよぎったのですが

今日まですっかり忘れていました。

それくらい

取るに足らないことだと感じたのです。

さて、その理由はなんでしょう?

 

 

① わたしが寛大な心の持ち主だったから

② そんなミスも思わず許しちゃうほどに

 スタッフの接客が良かったから

③ 食後にお詫びのデザートが出てきたから

④ どうせ言っても、衛生面において

同じ価値観を共有できない店だと判断したから

⑤ スタッフがイケメンだったから

 

ちょっと難しかったでしょうか( ̄▽ ̄)?

53583344

 

お客さまに粗相をしてしまったにもかかわらず、

お客さまがクレームをしないことがあります。

 

しかし、

「クレームにならなかった」

という事実の裏には様々な理由があるのです。

 

「その理由なんてどうでもいいよ。

とにかくクレームなんて面倒なことさえ

起きなければね」

という人以外は、少し考えてみてほしいのです。

 

お客さまがそのお店やスタッフのファンで

「たまにはこんなこともあるよね(*´▽`*)」

と思って見逃してくださっているのか。

 

「どうせ言っても仕方ないよ」

「しょせん、そのレベルだろ」

とガッカリしているのか。

 

「クレームされた」

「クレームされなかった」

ということだけに目を奪われることなく

「お客さまの行動の理由」にも

目を向けてみると

新たな発見があるかもしれませんね♪

 

 

 

 

 

 

☆七條千恵美の研修・講演について☆

☆七條千恵美のインタビュー記事はコチラ☆

☆プライベートはコチラ(友達申請はメッセージを♡)











個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.