伝言を受けた人の仕事はどこまででしょう?



こんばんは。

 

【一番に思い出され選ばれる人になる!】

「外見力」「察知力」「会話力」

3つの力で選ばれる人を育成する

接客アドバイザー

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

 

 

先日、ある人から

「会社10周年記念パーティーのために

○○ホテルに問い合わせをしているんだけど

担当者から全く返事がない(-“-)」

という話をされました。

 

 

そのホテルは、数年前にもその人から

「まったくなっちゃいない(-_-)」

と聞かされたことがある。

 

 

しかし、残念なことに

その会社の周辺には大きなホテルがそこしか

ないとのこと。

選べない悲しさよ…

 

実は、

待っても待っても返事がない

という経験はわたしにもある。

 

 

ある企業に電話をしたとき担当者が不在だった。

なので電話をとったスタッフに

「お戻りになったら折り返しの電話を」

という伝言をお願いした。

 

 

しかし、電話はこない…

数日待ってもこない…(;_;)

 

この場合、

①電話をとったスタッフが伝言を忘れた

②伝言は聞いたが担当者が電話を忘れている

③伝言メモを担当者のデスクに残置したが

 担当者が見ていない。

このどれなのかわからない。

 

 

電話を受けた人の仕事はどこまでだろう?

伝言を受けて伝えるところまで?

確実に伝えたならば、

それで終わりと考える人もいるかもしれません。

でも、

電話を受けたスタッフから担当者に

「折り返しの電話はしましたか?」

という確認の一言があれば

ミスは防げるのになあと思います。

 

まあ、

確認が気兼ねなくできる職場環境づくりが

先に必要かもしれませんけどね。

 

ちなみに私は新人のときに

気難しいチーフに念のための確認をしたところ

一応、可愛く確認したつもりですが

「僕が忘れるわけないじゃないか!

失礼だな!」

とキレられて固まった経験があります。
(可愛さが足りなかった模様。笑)

54836885_480x467

 

 

今と違って「確認することが当たり前」という

習慣が根付いてなかった時代なので

仕方ありません。

 

もちろん悲しかったですが

でも、それでいいと思ったんです。

「確実に」ということが

なによりも大事です。

防げるミスは防ぎましょう。

だって、

お客さまに迷惑をかけますからね♪

 

 

 

 

 

☆七條千恵美の研修・講演について☆
現在お引き受けできるのは9月以降開催のものとなります)

☆七條千恵美のインタビュー記事はコチラ☆

☆プライベートはコチラ(友達申請はメッセージを♡)












下の記事も一緒に読まれています。




個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.