賑やかな団体のお客さまがいる時、あなたならどうしますか?



こんにちは。

 

 

【一番に思い出され選ばれる人になる!】

「外見力」「察知力」「会話力」

3つの力で選ばれる人を育成する

接客アドバイザー

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

 

 

先日、知人数名とカフェに行ったときのこと。

 

 

そのカフェはコーヒー1杯の値段が

ホテルと同じくらい。

座席も広いつくりになっているので

いつもよりもゆったり静かな空間を楽しめると

思っていた。

 

 

ところが、

その日は店内がかなり混雑。

 

 

そして混んでいるだけならまだいいが、

年配男性の団体さんが

ま~賑やかなこと(>_<)

同窓会の帰りか?というくらいの

大盛り上がり。

 

 

その大きな声のおかげで

わたしは目の前にいる知人の声さえ

聞き取りにくい。

 

 

あまりにもうるさいので

「ちょっと私、注意しに行こうかな…」

と言ってみたところ、

一緒に来ていた仲間の表情は

(やめてください…( ゚Д゚))

52672554

という感じ。笑

 

 

ここは私の出る幕ではないと判断し、

スタッフさんがどうにかしてくれることに

淡い期待をもつ。

 

 

・・・・・・が、しばし様子を見るも

淡い期待は叶えられそうもない。

 

 

このような状況は

スタッフの腕の見せ所ではあるものの、

とても難しいアプローチであることも

わかる。

 

 

こんな時は、

①団体さんに声をかける

②周りのお客さまに

 「賑やかで申し訳ないですアピール」をする

③スタッフだけど我関せずを貫く

の3つしかないと思う。

 

 

このカフェならば、

賑やかさの程度とか諸事情を考えて

①か②の策は取って欲しい。

 

 

なぜならば、

このカフェはそこそこのお値段。

ここに来るお客さまの多くは

他より高いお金を払って

「空間」を買いにきていると思うから。

 

 

賑やかであってもお客さまはお客さま。

言いづらいこともあるだろう。

でも、

そこをどうやって対応するかということが

他よりも+αの料金の価値なんじゃないかな

と思った私でした。

 

 

ま、そもそもは

個室でもない空間で大騒ぎする人の

モラルの問題なんですけどね(・ω・)ノ

 

 

 

 

 

☆七條千恵美の研修・講演について☆
現在お引き受けできるのは9月以降開催のものとなります)

☆七條千恵美のインタビュー記事はコチラ☆

☆プライベートはコチラ(友達申請はメッセージを♡)

☆メルマガ登録はコチラから☆











個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.