その言葉の裏側にある本当の要望に気づいていますか?



こんばんは。

 

【一番に思い出され選ばれる人になる!】

「外見力」「察知力」「会話力」

3つの力で選ばれる人を育成する

接客アドバイザー

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

 

 

研修や講演で

察知力について語るとき、

「なぜ?どうして?という視点で

お客さまの言葉を聞いてくださいね!」

とお伝えしています。

 

なぜならば、

文字だけを追っていても

本当に望んでいること

それではないということがあるからです。

 

そのようなことを

散々人に語っておきながら

本日わたくし、

まったく察知力が発揮できなかったことが

ありました。

 

今日、5年生になる娘が

1人であることにチャレンジしました。

「1人でやってみること」

に価値を見出していたわたしは

「できないとこは手伝うから、

まずは一人でやってみなよ」

と伝えました。

 

娘は途中まで四苦八苦しながら

チャレンジしていたようですが

いよいよ、

「できない!ママ、来てよ~(-“-)!」

とヘルプコール。

どれどれどうした?と娘のそばに行き、

少し手を貸して事なきを得ました。

 

しかし、娘の機嫌がすこぶる悪い…

なんで(・ω・)ノ??

 

聞けば、

「だってママが手伝ってくれないからさあ!」

とキレ気味な返事。

「えええ?手伝ったじゃんか!」

と返すと、

消え入りそうな小声で

「…見ててほしかったの。

1人でがんばってるとこ…」

 

54139286_480x427

 

 

そこかーい。笑

 

 

文字で見るとちょっといい話に見えますが

この「ある挑戦」が何かを知れば

プッと吹き出すことなんです。

(娘に怒られるので書きません)

 

 

とにかく、娘の本当の気持ちは

「手伝ってほしかった」

ではなく、

「ママに見ていて欲しかった」

でした。

 

察知力の勉強、

一からやり直します…m(__)m

そして、

もっと娘の気持ちに寄り添いたいと思います♡

(東京都在住:ダメ母より)

 

 

 

 

 

☆七條千恵美の研修・講演について☆
現在お引き受けできるのは9月以降開催のものとなります)

☆七條千恵美のインタビュー記事はコチラ☆

☆プライベートはコチラ(友達申請はメッセージを♡)

☆メルマガ登録はコチラから☆












下の記事も一緒に読まれています。




個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.