「はい♪」という一言を積極的に使うことのススメ



こんにちは。

 

 

【一番に思い出され選ばれる人になる!】

「外見力」「察知力」「会話力」

3つの力で選ばれる人を育成する

接客アドバイザー

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

 

 

先日、あるお店で

カードの切り替え手続きをしたときのこと。

 

 

現在のカードに残るポイントも移行できるとは思いつつ、

確認のために

「ポイントも移行しますよね?」

と聞くと

「今やりますので」

というお返事。

 

 

あらら。

 

 

できますよね?→できます

とか

○○していいですか?→いいですよ

というときには

まずは一言、

「はい♪」

があると感じがいいのになあ。

 

 

接客をしていると、どうしても

「NO」と言わざるを得ないときがある。

そんなときには、もちろん

「はい^^」

とは言えない。

 

 

だから、お客様のいうことに対して

「はい(´▽`*)」といえる場面では

積極的に使ってほしいこの言葉。

 

 

「はい」の一言があるだけで場面によって

・アナタに共感します!

・アナタを理解していますよ♡

・アナタの要望を喜んで引き受けます。

という気持ちが伝えられます。

 

 

ま、今回の場合は

たとえ「はい」があったとしても

「今やりますので」

って言い方は聞き捨てならない。

54354561

 

「今やりますので。

(だから黙ってろ(・ω・)ノ…)」

という言葉があとに続くのかしらと

想像してしまいました。笑

 

 

今回ならば、

「はい♪ ポイントも新しいカードに移行します」

だけで充分だと思います。

もし、

お客さんがポイント命みたいな人だったら

「ご安心ください♡」

の一言があれば安心するでしょうね。

 

 

くれぐれも

「はい」が適さない場面では

使わないでくださいね。

「はい」→できる。やってもらえる。

と受け取られ、かえって混乱することがあります。

 

 

また、言うまでもなく接客では

「ハイハイ(-“-)」は厳禁ですよ!笑

 

 

 

 

 

 

☆七條千恵美の研修・講演について☆

☆七條千恵美のインタビュー記事はコチラ☆

☆プライベートはコチラ(友達申請はメッセージを♡)

☆メルマガ登録はコチラから☆

 












下の記事も一緒に読まれています。




個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.