「もう一声かける」という一手間を惜しむなかれ~自動販売機じゃあるまいし



こんにちは。




【一番に思い出され選ばれる人になる!】

「外見力」「察知力」「会話力」

3つの力で選ばれる人を育成する

接客アドバイザー

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

先日、

とあるお店でスイーツを買ったときのこと。

帰宅が少々遅くなった私は、

子供たちを預けているご近所さんへのお礼

仕事あとの自分へのご褒美をかねて

いくつかスイーツを買うことにした。

また、

その店のメイン商品ではないが

娘がその店のラスクも好きなので

それも一緒に買おうと思っていた。

いつもならわりと柔らかい雰囲気の

女性スタッフが対応してくれるその店に

その日いたのは

不愛想な男性スタッフ…

わたしが、

「○○を6つ」と注文したあと

「それから…、ラスクを2袋ください」

と言うとその不愛想な男性スタッフは

「売り切れです」

と一言。

しかし、カウンターの奥に

カゴに入ったラスクが私には見えている。

「あれはラスクじゃないんですか?」

と聞くと

「見本です」

と一言…。

あっ、そうですか( ̄ー ̄)

紛らわしい位置に見本を置いとくな、

とは言いませんでしたが、

なんともぶっきらぼうなモノの言い方に

何だかスイーツを買う時の

ウキウキワクワク感が

スッ飛んでしまいました。

彼は、

「正しい案内」と「金銭授受」は

できていたかもしれませんが

さて、

何があればもっと良かったのでしょうか?

まず、よく言われる

「あいにくですが…」

「申し訳ございませんが…」といった

「クッション言葉」なるものがあれば

ピシャリピシャリと断った印象は

柔らかいものとなりますね。

(申し訳なさそうな笑顔を忘れずに!)

ま、でも

そんなテクニック的なことよりも

もっとも足りないのは

「お客さんがどんな気持ちで買いにくるのか?」

という想像力ですね。

スイーツを売っているのですから

スイーツがまずくなりそうな

不愛想はやめておくれ♡

モノの販売だけなら

自動販売機にもできる。

せっかく接客するのなら、

もっと楽しく仕事してほしいなと

思う私でした。

しかも、スイーツだしね!
(↑しつこい?)


☆七條千恵美の研修・講演について☆

☆七條千恵美のインタビュー記事はコチラ☆

☆プライベートはコチラ(友達申請はメッセージを♡)

メルマガ登録はコチラから↓↓

<元CA教官からのド直球メッセージ>












下の記事も一緒に読まれています。




個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.