素晴らしい接客で圧倒的に光を放っていたバイト君~ニコリともしない店長とは裏腹に…



こんばんは。




【一番に思い出され選ばれる人になる!】

「外見力」「察知力」「会話力」

3つの力で選ばれる人を育成する

接客アドバイザー

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

昨日、打ち合わせの際に行ったお店に

「いったい君はナニモノ?!」


とビックリするくらいに

ステキな接客をする男の子がいました。

正直申し上げて

その店の店長ふうの男性を筆頭に

他のスタッフは

笑顔と返事禁止令が出ているの?」

と思う程に不愛想。

だからこそ彼の接客が際立ったのか?

とも考えたけれど、そうではない。

彼をあのまま、

飛行機の乗務員にしたとしても

ホテルのスタッフにしたとしても

まったく引けをとらないだろう。

むしろその中でも光るだろうなと。

まず、接客の基本でもある

笑顔

返事

気遣い

清潔感ある身だしなみ

気の利いた会話
(アドリブ&冗談を含む)

全部できてる。

この店の環境で

その接客を習得できるわけがないと踏んだ私は

「アナタだけが際立って素晴らしい対応なのは

どうしてですか?」

と彼に聞いてみた。

我ながら直球すぎる聞き方である。笑

すると彼は

首を傾げながら

「ん~。他のバイトもやってるからですかねえ~」

とニコニコしていた。

彼は大学生だと言っていた。

バイトを掛け持ち…。

(無駄に母性をくすぐる)

久しぶりに

「アナタはナニモノ?」と感動するような

スタッフに出会い、彼のどこに惹かれたのかと

考えてみた。

さきほどあげたような

接客の基本が遵守されていたからだろうか?

きっとそれも

好印象に大きく貢献していることは確かである。

しかし、私の結論はこうだった。

私の心を動かしたものは

彼のプロ意識ではないかと。

バイトだとか

他のバイトとの掛け持ちで忙しいとか

疲れているとか

他のスタッフがニコリともしないとか

お客さんがしょっちゅう呼ぶから

メンドクサイとか

そんなことは関係ない。

このようなことが

仕事の手を抜く理由にはならない。

彼の働きぶりを見ていると

そんな意識が見て取れた。


でも、

彼は無意識でやっていることかもしれない。

もう普段から

目の前の出来事や「人」に

真摯に向き合う習慣があるのだろう。

久しぶりに

心を洗われるようなスタッフに会い、

とても温かい気持ちになりました♡

彼の接客は

他のスタッフの評価にも値しない対応さえも

カバーしていた。(辛口)

一緒に記念撮影すればよかったな…(´▽`*)

☆七條千恵美の研修・講演について☆

☆七條千恵美のインタビュー記事はコチラ☆

☆プライベートはコチラ(友達申請はメッセージを♡)

メルマガ登録はコチラから↓↓

<元CA教官からのド直球メッセージ>











個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.