個性的な接客をするスタッフに遭遇しました~俺スタイルのこだわり?



こんばんは。




【一番に思い出され選ばれる人になる!】

「外見力」「察知力」「会話力」

3つの力で選ばれる人を育成する

接客アドバイザー

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

昨日、友人とカフェに行った時のこと。

案内されるまで待ったほうがいいのか、

それとも、勝手に席に座ってよいものか?

と思い、入口付近で

接客中のスタッフに視線を投げてみた。

するとそのスタッフは、

無言&無表情で片手をパーに開き、

私たちの方に向けた。

え?

ソレ、私たちに向けてやってるの??

それはまさに

ワンコに向けた「待て!」

のような感じであり、

仮にもお客さんである我々に向けた仕草とは

にわかには信じがたい。

私たちは犬か?(゚∀゚)

しかし、

そのスタッフには悪気はないようだ。

どうやら「俺スタイルの接客」

こだわりがある模様。

なんだか雰囲気も

画家とか写真家のようなアーティストふうで

カフェよりもアトリエが似合いそうな彼…

カフェオレ2つを注文した際にも

「カフェオレ2つですね…」

と蚊の鳴くような声で復唱。

大きな声を出すのは彼の美学に反するようだ。

最初の「待て!」の時は

「なんか失礼なスタッフだわ、ありえない」

と思ったけれど、

いつしかその

「俺スタイル」に興味津々のわたし。

そして時間は過ぎ

友人ともたくさんおしゃべりをして

わたしは、ちょっと化粧室に行きたくなった。

しかし、

店内は広く、化粧室までの案内表示もないため

キョロキョロとしながら店内を歩いた。


たいていのお店では、

そのような様子を見せると

「化粧室をお探しですか?」

とスタッフが声をかけてくれるものだ。

店内を歩いているうちに

「俺スタイル」な彼と再会。

わかりやすくキョロキョロしてみたが、

私のことは華麗にスルーである。

さすが。笑

私はもう降参して、その彼に

「あの~。化粧室はどこですか?」

と聞いてみた。

すると彼は

さっき私が迷い込んだ道を

ちょい笑顔&無言で指し示した。

さっき見つけられなかったんだけど…(T_T)

それもそのはず、

化粧室はドアを開けた店の外にあったのだ。

一言、

「ドアを開けた店の外にありますよ」

と言葉を添えてくれたまえ。

パントマイムか!

他のスタッフさんを見ると

いわゆる平均的な接客をしていたので

異色を放つ彼に目が釘付けとなりました♪

「その接客はマズいでしょ!」

と98%のわたしが思いましたけれど、

このあまりにも個性的な彼に対して

「おもしろいから貫いて♡」

とすこーしだけ思ってしまった私でした。

ホント、不思議なスタッフさんでした…

☆七條千恵美の研修・講演について☆

☆七條千恵美のインタビュー記事はコチラ☆

☆プライベートはコチラ(友達申請はメッセージを♡)

メルマガ登録はコチラから↓↓

<元CA教官からのド直球メッセージ>











個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.