お店の階段で最近よく見る残念な光景について~お客さまのいる空間を意識する



こんにちは。




【一番に思い出され選ばれる人になる!】

「外見力」「察知力」「会話力」

3つの力で選ばれる人を育成する

接客アドバイザー

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

先日行ったカフェでのこと。

カフェだけでなく、残念ながら

最近よく見かける光景かもしれません。

そのカフェの地下1階から1階に上がるため、

階段を上っていた私。

すると上から2名のご婦人が

トレイにパンと飲み物をのせて降りてきた。

ただでさえ、

人がすれ違うには少々狭い階段。

ましてやトレイもお持ち。

私は立ち止まり、

階段の端に身を寄せて

ご婦人方に通路を譲った。

「すみません~^^」

と笑顔で私の横を通り過ぎていくご婦人方。

と、そこへ

スタッフの女性がご婦人方に続くように

上から一人降りてきた。


それに気づき、そのまま身を寄せて待つ私。

だって階段が狭いから。

しかし、そのスタッフの女性は、

私には目もくれず

無言で私の横を通り過ぎて行った…

(おーい!なんか言って。)

ええ、わかっていますよ。

別に身を寄せて待ったくらいで

恩着せがましいことを言うつもりはありません。

でも、やはりどこかで

スタッフの女性が、

「あ♡お先にどうぞ!」

と言ってくれるんじゃないかな?

とか、

百歩譲って

「申し訳ございません!

ありがとうございます!」

って言うかしら(´▽`*)?

という淡い期待はあった。笑

これって

このカフェだけではなくて

結構最近よく見る光景だなと思うのです。

「お客さまは神様です」

というつもりはないけれど

少なくとも

家の階段ですれ違う、

オカンと息子ではないはずです。

いくらホテルほどの高級店ではないとは言え

店の空間はお客さまのものである

という意識が少しだけ欲しいかも

と思う私です。

と言うか、

道端でも他人様に通路を譲ってもらったら

「ありがとうございます(´▽`*)」

って普通に言いません?

いや、最近そういう人の方が少ないのかも。

なんか悲しいですね…

☆七條千恵美の研修・講演について☆

☆七條千恵美のインタビュー記事はコチラ☆

☆プライベートはコチラ(友達申請はメッセージを♡)

メルマガ登録はコチラから↓↓

<元CA教官からのド直球メッセージ>











個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.