小さなお客さまへの接客はどうしていますか?~子供にも自尊心があります



こんばんは。




【一番に思い出され選ばれる人になる!】

「外見力」「察知力」「会話力」

3つの力で選ばれる人を育成する

接客アドバイザー

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

1人でおつかいに行った娘(小4)が

帰宅するなりこう言いました。

「なによ!あの店員( `ー´)ノ」

お友達にぬいぐるみをプレゼントしたくて

それを入れるための可愛い袋を買いに行った娘。

ちゃんと袋に納まらなかったら困るので

一応ぬいぐるみを抱えてお店に行き、

店員さんに

「このぬいぐるみが入る袋ください」

と伝えたらしい。

すると

その店員が、

「えっ?(゚∀゚)?」

と言ったあと、笑いながら別の店員に向かって

「ぬいぐるみだって…」

と言ったとのこと。

帰宅した娘からその話を聞いた私は、

「それって『可愛いなあ』と思って

クスッと笑ったんじゃないの?」

と伝えてはみたけれど、

娘にはそうは感じられない様子だったみたい。

その話を聞いた時、思い出したことがある。

CAだった頃に出会った、

「お子さま一人旅」で飛行機を利用してくれた

子供たちのこと。

1人で心細いだろうなあ~、

安心して過ごしてもらいたいなあ。

と思い、

「こんにちは♪

○○君、困ったらいつでも声をかけてね♡」

なんて声をかけたら、

「1人で大丈夫です。

ありがとうございます。(キリッ)

なんて敬語で返してくれる慣れた子もいたし(笑)

通りかかるたびに、

「ねえ、音楽どうやって聞けばいいの?」

「ねえねえ、あと何分で着く?」

「あのさ、お菓子食べてもいいの?」

というように、心細さとか淋しさから

質問攻撃になる子もいたなあ(´▽`*)

お子さまと接する時は、

親しみやすさとか、

わかりやすい言葉で話すことは当たり前だけど、

忘れてはいけないのは

子供にも自尊心があるということ。

「どうせ子供だから…」

なんていう気持ちで接していると

すぐに見抜かれてしまいます。

また、子供さんによって

敬語でのアプローチを望むお子さまもいれば、

親しみやすい口調で話しかけることを期待する

お子さまもいました。

「子供」というくくりではなく、

「一人の大切なお客さま」という気持ち

向き合うことは大人のお客さまへの対応と

全く変わりありません。

この連休中、

小さなお客さまを迎える皆さま、

ぜひ、良い思い出を作ってあげてくださいね♡


NEW
☆セミナー情報☆
<女性限定>
今より絶対ステキになる♪外見力アップ講座

2016年1月17日(日)@田町(残4席)
詳しくはコチラをクリック!

☆七條千恵美の研修・講演について☆

☆七條千恵美のインタビュー記事はコチラ☆

☆プライベートはコチラ(友達申請はメッセージを♡)











個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.