心に寄り添ってくれたバイトくんに心がポッとした話。~待たされているお客さまの気持ち



あけましておめでとうございます。





【一番に思い出され選ばれる人になる!】

「外見力」「察知力」「会話力」

3つの力で選ばれる人を育成する

接客アドバイザー

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

先日

帰省した際に行ったスーパーでのこと。

お正月にいただく予定のお寿司の予約について

鮮魚コーナーの試食担当のバイトくんに尋ねた。

彼は、

お寿司の予約についてはわからなかったようで

「少々お待ちください!」

と言って小走りで裏に駆けていった。

試食コーナーを放置してしまったことに

気が気ではなかったようで

しばらくするとまた小走りで

試食コーナーに帰ってきた。

特に私には

「担当のモノがきます」

などの案内はなかったけれど

きっと彼が

担当者に用件を伝えてくれていると信じて待つ。

しかし、数分待っても誰も来ない。

私の待ちぼうけを横目で見てくれていた

バイトくん。

試食のお客さんが途切れると

またしても小走りで裏へ駆けこんだ。


きっと

「お客さん、待ってるんですけど!」

的なことを言いに行ってくれたのだろう。

なんだか申し訳なくて

戻ってきてくれた彼に、

「わたし、ここで待っていればいいのよね?」

と、

「大丈夫、アナタは試食コーナーに専念してね!」

という意味を込めて伝えてみる。

彼は

「お待たせしてすみません」

と言ってくれた。

その後、結構な時間放置されたものの、

そのあいだずっとバイトくんがブツブツと

「おっそいなあ…」

「何やっとんねん?!」

「まだか…?」

と呟いているのが聞こえる。

わたし以上に

寿司担当者がくることを待ちわびている。

遂に現れた寿司担当者は

ゆっくりとした足取りで

「お待たせしました~(´▽`*)

と笑顔で登場。(←そこは笑顔いらんとこやで♡)

結局、引き取りの日程が合わず

寿司の予約はしないことになったけれども

私は試食担当のバイトくんに

「ありがとうございました♪」

と伝えて帰宅した。

接客のやり方と言う側面だけで見れば

荒削りなところはたくさんあるけれど

わたしにとっては

とても心が温かくなった出来事だった。

「自分の仕事は

担当者に伝えてしまえば、おしまい。

後は、しーらない!!

と言うようなたらい回しをする大企業もある。

でも、彼は

お客さんを待たせていることに対し、

俺はしーらない!

という態度ではなく、

「まだなの?ねえ、どうしたの?」

という気持ちでいてくれた。

わたしの心に寄り添い、

気持ちを代弁してくれたバイトくん

「ありがとう」です(*^▽^*)

接客を学ぶなら、まずは「心」から。

今年も身近な事例を使って

わかりやすく楽しい記事を

書いていきたいと思います。

今年もどうぞよろしくお願い致します♪

NEW
☆セミナー情報☆
<女性限定>
今より絶対ステキになる♪外見力アップ講座

2016年1月16日(土)@田町
詳しくはコチラをクリック!

☆七條千恵美の研修・講演について☆

☆七條千恵美のインタビュー記事はコチラ☆

☆プライベートはコチラ(友達申請はメッセージを♡)











個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.