お客さまには恥をかかせない。これは接客の鉄則です!~まるで順番抜かしした人のように…



こんばんは。




【一番に思い出され選ばれる人になる!】

「外見力」「察知力」「会話力」

3つの力で選ばれる人を育成する

接客アドバイザー

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

今朝、とあるパン屋でのこと。

いわゆる一列並びで会計をするこのお店。

一列並びと言っても、

いわゆるフォーク並びではなく

遊園地のジェットコースター待ちのようなタイプ。

この時、並んでいる人は私しかおらず…

ところが、どうやら私の並んでいた位置は

最前列とは違う位置だったようだ。

そうは言っても

わたし以外は誰も並んでいないのだから

どこに並んでも私が最前列なんだけども

とにかく位置が違ったらしい。

それに気づかず

パンをのせたトレーを胸の前に持ち

ボーっと待っていると

一人の店員が私にこう言った。

しかもわりと大きな声で。

「お客さま、お並びいただけますか?

順番にお会計しておりますので!」

その瞬間、

他のお客さんが一気に振り返り

私にちゅーもーくっ!

その視線は、

「誰だ?順番抜かしする奴は!」

という感じの冷ややかなもの(゜_゜)

思わずわたくし、

こう言ってしまいましたよ。

「そんなに大声で言わなくてもいいじゃない?

確かに並ぶ場所は間違っていたけど、

どう見ても並んでいるでしょ?

順番に会計することなんて知ってますよ(-“-)」

ま、こういう話をすると

「厳しい~」だの「怖ーい」だのと言われ、

最近ではもうあんまり細かいことを

書くのはやめたい気持ちもあるのですが、

「勉強になります!」

と言ってくださる

愛すべき読者さんもいらっしゃいます♡

きめ細かい接客対応に興味のある方だけ

参考にしてください。

もし、何人かが並んでいたならば

「恐れ入りますが、

こちらからお並びいただけますでしょうか?」

さらに、お客さまが案内に従ってくださったら

「ご協力ありがとうございます」

もし、誰も並んでいなければ、

私なら、わざわざ言いません。

お客さまのミスを

あえて際立たせる必要などないからです。

(大声で際立たされた七條が通りますよ…)

お客さまへの依頼事項は、

「店側の都合である」という認識のもと

恥をかかせない案内の仕方

プロの仕事ってもんですからね♡

NEW
☆セミナー情報☆
<女性限定>
今より絶対ステキになる♪外見力アップ講座

2016年1月16日(土)@田町
詳しくはコチラをクリック!

☆七條千恵美の研修・講演について☆

☆七條千恵美のインタビュー記事はコチラ☆

☆プライベートはコチラ(友達申請はメッセージを♡)











個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.