お客さまにアンケートを依頼する時、どんなことに気をつけますか?~アンケートの目的~



こんばんは。





【一番に思い出され選ばれる人になる!】

「外見力」「察知力」「会話力」

3つの力で選ばれる人を育成する

接客アドバイザー

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。


とある新規オープンしたカフェでのこと。

会計時にも、少々ツッコミたい場面はあったものの

オープンしたばかりで

スタッフも慣れていないのだろう。仕方ないね。

とそこはスルー。

しかし、やっぱり

「これはブログに書いておこうかな」

と思うことがあった。

その日は、

私がお願いして時間を頂いた方とご一緒で、

じっくりお話しをうかがいたいと思っていた。

話が佳境に入った時、突然スタッフから

「恐れ入りますが、

サービスについてのアンケートをお願いします。

どんな小さなことでも構いません。

接客に関することを書いていただけますか?

よろしくお願いします」 と・・・。

佳境に入った話を

いきなりぶった切られた。

「小さなことじゃなくて

大きなことで指摘したいことはたくさんあるよ。

でも今、書くには時間がなあ…」

と思いつつも、

「わ、わかりました…」

とアンケートを受け取ってしまった私。

時間があればちゃんとお伝えしたいが、

この状況ではそうもいかず。

とりあえず、

「普通」「普通」「普通」…

に○をつけて終わりにしてしまった。

意味のないアンケート。

そのアンケート配布係りのスタッフが気になって

チラリと様子を見てみると

今度は他のテーブルにいるお客さんにアプローチ。

「あ、そこのテーブルは声かけちゃダメだよ~」

とハラハラする私。

なぜならば、

そのテーブルにいるのは

仕事の話で熱くなっているビジネスマン2人組。

彼らの話を遮るのはいかがなものか??

と思って見ていたら、

やっぱり断られていた。

状況を見て声をかけましょう。

私もCAだった頃、

サービスアンケートの協力依頼をしたことがある。

その時には、

・お客さまの時間をいただくということ

・お手を煩わせるということ

・断れないお客さまもいるのではないかということ

・コチラ側の勝手な都合でお願いしているということ

それを忘れてはいけないと思っていた。

心よくアンケートに協力してくださるお客さまには

感謝しかない。その場合はしっかり感謝しよう。

けれども、中には

アンケートをお願いした際に

「面倒だ」

「前にも書いたんだけど…」

「自分の時間を好きに使いたいのに」

という感情をもつお客さまがいることを

忘れないでほしい。

接客・サービス向上という目的のアンケート。

それが

まったく逆の効果を生み出さないように

協力依頼は慎重にね♡

NEW
☆セミナー情報☆
<女性限定>
今より絶対ステキになる♪外見力アップ講座

2016年1月16日(土)@田町
詳しくはコチラをクリック!

☆七條千恵美の研修・講演について☆

☆七條千恵美のインタビュー記事はコチラ☆

☆プライベートはコチラ(友達申請はメッセージを♡)












下の記事も一緒に読まれています。




個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.