職位が上がれば上がるほど見えなくなる部下の本音~「評価者」に物申す怖さ



こんばんは。





【一番に思い出され選ばれる人になる!】

「外見力」「察知力」「会話力」

3つの力で選ばれる人を育成する

接客アドバイザー

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

ふと思い出したこと。

CAだった頃の話。

基本的にCAは

「奉仕」の気持ちをもった人が多い。

接客している中で

難しいお客さまと向き合う場面になっても

「何とかしてご満足いただきたい」

という視点を持ち、前向きに取り組む人が多い。

ところが

どんな職場にもマイナス思考の人はいる。

給与面で恵まれていた一部の姉さまCAが

ネガティブな発言を繰り返していた時は

本当にウンザリしたものだ。

(やめちまえ♡)

と何度も心の中で呟いた。

んん~っと、

2度ほど面と向かって

「そんなに仕事が嫌ならば

お辞めになったらいかがですか?」


と言ったこともあるとかないとか…

(※言葉は慎重に選びましょう)

今日、ある方とお話しをしていて

当時の私の姿と重なった。

入社後3年間、

契約社員として乗務していた頃の

私と同じ気持ち。

社長がどうであれ、上司がどうであれ、

正社員の先輩がどうであれ、

本当は関係ないのだけれど

そうは言っても

会社の中で重要なポジションにいる人や

高い給料をもらっている人の在り方が

部下に影響することは否めない。

でも

職位が上がれば上がるほど

苦言を呈してくれる人は少なくなる。

色んなことに矛盾を感じていても

みんな黙っているのです。

「評価者」であるアナタに

提言できる勇気ある人は少ないのです。

本音でぶつかってくる部下を

「面倒なヤツだ」

と思うか

「貴重な存在だ」

と思うのかで

色んなことが変わってくると思うのです。

問題意識を持っている社員さんの

「やる気の芽」を摘むようなことは

極力避けて欲しい。

だって、

社員の良質なパフォーマンスこそが

会社発展の源ですから。

気づいている問題や課題に対して

何も言えない会社なんて

空気がよどんでしまいます。

職位は下であっても

勇気ある提言をする社員の声に

もっと耳を傾けてみてくださいね♪

※でも、提言する時の言葉選びは慎重に♡笑


NEW!!
12月20日(日)のセミナー情報
30代・40代の女性限定!
自信をもって人前に立ちたいアナタに贈る

【絶対今よりステキになる身だしなみ講座】
残り席です!


☆七條千恵美の研修・講演について☆

☆七條千恵美のインタビュー記事はコチラ☆

☆プライベートはコチラ(友達申請はメッセージを♡)











個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.