時間前にきたお客さまを見かけたらどうしますか?~お店の外では接客しない?



こんばんは。




【一番に思い出され選ばれる人になる!】

「外見力」「察知力」「会話力」

3つの力で選ばれる人を育成する

接客アドバイザー

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

先日、

打ち合わせで利用した高級ホテルでのこと。

そのホテル内にあるカフェのオープンが

10時からだと思っていた私たちは

5分前の9:55にカフェの入口付近にいた。

特にドアや壁もないので、

わりと近い位置で、女性スタッフが

座席カバーの交換をしているのが見える。

まあ数分もすれば

案内してくれるのだろうと思いながら待つ。

とは言え、

待っている我々の姿は目に入っているだろうし

なんか一言、

「まもなくご案内しますね(ニコッ♡)

とかあってもいいよねー、

と思ったわたし。

なぜならば、ここはホテル。

そりゃ、コンビニとかファミレスよりは

こちらの期待値もあがるってものです。

しかし、10時になっても

案内される様子はない…

あれれ?

オープンの時間ちがったか?

そう思い、スタッフに声をかけ

「何時からですか?」

と聞くと

「11時からです♪」(チーン…(-_-))

ん~~~。

ここ、高級ホテルですよね?

我々が待っている姿、

見えてましたよね?

まさか

11時まで放置するおつもりでしたか?

シートカバーの交換も必要な作業です。

しかし、

そのシートカバ―の交換は

何のためにやっているのかな?

「オープン前にやることになっているから?」

でしょうか?

本当の目的はなんでしょう?

お客さまの快適性を保つため

が本来の目的だと私は思うのです。

すべての作業には意味がある。

その本質を忘れるから

目の前にいるお客さまを平気で放置する。

わたしは

特別なことを要求するつもりはないのです。

でも、

外で待つお客さまが視界に入っているのに

そこに想いが及ばないのは残念。

例えば

そういう伏線を経て入店した時に、

そのスタッフから満面の笑みで

「いらっしゃいませ~♡」

なんて言われても何にも伝わりません。

きっと毎日のようにオープン前には

「まだかな?」

という気持ちでお客さまが待っているはず。


まさか、

毎日スルーしているのでしょうか?

まあ

さすが高級ホテルとあって

身だしなみはバッチリでしたが

それだけでは

高級とは言えません。


ホテルの商品ともいうべき高い接客の品質。

お客さまの期待

しっかり応えてほしいなあ♡

NEW!!
12月20日(日)のセミナー情報
30代・40代の女性限定!
自信をもって人前に立ちたいアナタに贈る

【絶対今よりステキになる身だしなみ講座】
残り席です!


☆七條千恵美の研修・講演について☆

☆七條千恵美のインタビュー記事はコチラ☆

☆プライベートはコチラ(友達申請はメッセージを♡)












下の記事も一緒に読まれています。




個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.