相手が伝えようとしているポイントは何か?という発想をもつ~受け取る姿勢



こんにちは。




【一番に思い出され選ばれる人になる!】

「外見力」「察知力」「会話力」

3つの力で選ばれる人を育成する

接客アドバイザー

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

先日、

ある起業家の友人と話していて

「ああそれ、アルアル…」

と思ったこと。

その方が以前、

講師としてお話しをされた時

一人の受講者が論点と全く異なること

反論をしてきたという。

話の本質を理解した上で

反論なり、提言をするならいいけれど

「そこ、論点と違うのですけど~…」

とか

「いやいや、よく読んで書いてあるから」

と言いたくなることはあります。

そういう人にもわかりやすく伝えるのが

講師の仕事じゃないの?

という声も聞こえてきそうですが

そうでもないのです。

わかりやすく伝えても

「とにかく何か言いたい人」

自分の価値観以外は

認めない傾向にある。

発信側のどうのこうのと言うよりも

受け取る側の課題だと思います。

接客研修をしていても

「わたしは接客が好きなんです。

こんな時にはこうやればいいですよね?

そうすればお客さんも嬉しいし○×△…」

という人をたまに見かける。

まず

「接客が好き!!」

というのはとても素晴らしいこと。

けれども

一方的にご自分の話をする方は

伸びしろが小さいことが多い。

もう自分スタイルを決めてしまっていて

「聞く耳」を持っていないから。

それゆえに

情報を正しく受け取ることができず

トンチンカンなことを言う。

接客の際、

「このお客さまの本当の心の声は何?」

とアンテナを研ぎ澄ますように

人の話を聞く時も

誰かの発信物を読むときも

「この話の本質はどこにあるのか?」

ということに意識が向けられるようになれば

トンチンカンなことはせずに済む。

自分の軸を持つことと

他人の価値観を認めないことは別。

「言いたい!」

「知ってる!」

「わかってる!」

という承認欲求を引っ込めて

「何か学びに繋がることはないかな?」

という姿勢を持っている人こそ

ギュイ-ーーンと伸びていくのです^^

もちろん、

理解したい。わからない。聞きたい。

という人からの質問には

とことん付き合いますのでご安心ください♡
(七條さん、怖くないよー笑)


あ、それから

「今より絶対ステキになりたい!」

という方も大歓迎ですよ♡↓↓



NEW!!
☆12月20日(日)のセミナー情報☆
30代・40代の女性限定!
自信をもって人前に立ちたいアナタに贈る
【絶対今よりステキになる身だしなみ講座】

残り席です!

☆七條千恵美の研修・講演について☆

☆七條千恵美のインタビュー記事はコチラ☆

☆プライベートはコチラ(友達申請はメッセージを♡)












下の記事も一緒に読まれています。




個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.