「言われたことを素直にやってみる」と「考えることをやめる」は別の話です♪



こんにちは。

【一番に思い出され選ばれる人になる!】

「外見力」「察知力」「会話力」

3つの力で選ばれる人を育成する

接客アドバイザー

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

よく

「教わったことを素直にやってみましょう♪」

と聞きます。

今までのやり方ではうまくいかなかったのだから

それならば手段を変えてみる。

それはその通りだと思う。

でもそこで

「そうですね!わかりました!!

行動あるのみ!」

と意気込んで何も考えずにやるのは

少し怖いと感じるのはわたしだけでしょうか?

その

「新たに試してみる事」が

何の代償もなければいいのです。

でも最近、

そのやり方では

人としての信頼を失うのでは??

と感じる手法を

誇らしげに公開しているものも目にします。

接客を教える時もそうですが

そこに「人」という相手が存在するとき、

「絶対このやり方なら間違いない!!」

なんてものはないのです。

なぜなら

人間は感情の生き物だから。

良かれと思ってやったことすら誤解され

うまく気持ちが伝わらないこともある。

だからなおさら

根本に相手に対する敬意がないのに

勢いだけで

「素直に習ったことをやってみる」

といって安易に行動に移すのは

わたしは怖いと思う。

新しいチャレンジは素晴らしいこと。

だけどそこに

相手に対する敬意はあるのか?

はあるのか?

自己承認欲求ばかりが先行していないか?

と自問自答することは大切です。

接客の際に

お客さまの喜ぶ顔を想像し試行錯誤するのは

とても楽しいことですが

そこに、

「私のサービスいいでしょ?ね?ね?」

という押しつけは不要です。

誰のために?

何のために?

本当に喜んで欲しいお客さまが

幸せそうな顔を見せてくれた時に

心の中で小さなガッツポーズをするような

控えめでいきましょう♡

(↓控えめなガッツポーズのつもり。笑)



☆七條千恵美の研修・講演について☆

☆七條千恵美のインタビュー記事はコチラ☆

☆プライベートはコチラ(友達申請はメッセージを♡)












下の記事も一緒に読まれています。




個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.