親しみやすさと馴れ馴れしさの違いはどこ?メールにおける顔文字の使用について



こんばんは。

【一番に思い出され選ばれる人になる!】

「外見力」「察知力」「表現力」

たった3つのポイントで

お客様から信頼される人になるための研修講師

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

親しみやすいわね♡

と感じてもらえるのと

馴れ馴れしいわね…(^▽^;)

という印象を与えるその違いって何だろう?

もちろん

同じ人が同じことをしても

受け取る側によってその感じ方は変わるし

「誰がするか?」によっても変わるだろう。

(ほら、セクハラも「何をされたか」じゃなく

「誰からされたか」が問題って言うじゃない?笑)

例えば

お客さま相手の場合なんかは

おふざけや冗談が許される関係が

すでにできあがっているのか?

ということがポイントだと思う。

先日

仕事の時間を捻出するために

大掃除の一部を業者に委託しようと思い

業者さんに見積りにきてもらった。

そして後日

見積り書をメールで送ってもらったり

作業日程の調整のために

メールのやり取りを数回…

わたしから送るメールは

ガッチガチのビジネスメールではないものの

当然敬語だし

(笑)もないし

顔文字も使っていない。

ところが本日きた業者からのメールは

タイトルが

「こんばんは~」

であった。笑

誰が語尾を伸ばせと。

挙句には本文にも

「ご検討ください(^^)」

と顔文字が。

友達だったっけ?

わたしたち…(・∀・)

誤解のないように言っておきますが

いくらこちらがお客の立場であっても

年上であったとしても

何度もお目にかかっていたり

すでに冗談を言い合える関係があれば

違和感はないのです。

この違和感は

タクシーに乗った時に

こちらがずっと敬語で話しているのに

「どこまで?」

「次、右?」

「ここでいいかな?」

と言った具合に一部の運転手さんが

ずっとタメ口で話す感覚に似ている。

親しみやすさを醸し出す演出なのか?

はたまた

敬語の使い方を知らないのか?

「親しみやすさ」は

お客さまにとって快適です。

でも

「馴れ馴れしさ」は

不快でしかありません。

難しいのは

同じことをしても

相手によって受け止められ方は変わる

ということ。

更にいうと

いつもは許してくれる人でも

その人の置かれている状況によっても

受け止められ方は変わるということ。

だからこそ、

いつも同じことになりますが

相手への関心をもって

心地よい距離感をはかること

その察知力が必要になるのです♡



NEW!!
☆11月28日(土)のセミナー情報☆
30代・40代の女性限定!
自信をもって人前に立ちたいアナタに贈る
【絶対今よりステキになる身だしなみ講座】

満席となりました♡

☆七條千恵美の研修・講演について☆

☆七條千恵美のインタビュー記事はコチラ☆

☆プライベートはコチラ(友達申請はメッセージを♡)












下の記事も一緒に読まれています。




個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.