初対面での会話、どんなボールを投げますか?受け取りやすいボールを投げましょう。



おはようございます。

【一番に思い出され選ばれる人になる!】

「外見力」「察知力」「表現力」

たった3つのポイントで

お客様から信頼される人になるための研修講師

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

初対面での会話。

どんなボールを投げますか?

先日あるイベントで

名刺交換をリクエストされた時のこと。

基本的に

そういうイベントで

手あたり次第名刺交換している人

遠目で見ているタイプのわたし。

そんなわたしにも

「あの~名刺交換させてもらえますか?」

と言ってきた男性がいた。

滞りなく名刺交換をし、

名刺に書いてあった彼の仕事について

わたしから会話のボールを投げようとすると

先方が先にボールを投げる素振りを見せた。

キャッチャー役を務めることになったわたしは

きっと

「研修講師をなさっているんですね!」

とか

「元CAさんなんですね」

みたいなボールがくるだろうと予測していたのだが

初球はなんと変化球。

「僕の家、ここから1分なんです!」

・・・??

ボールを落としそうになった。

「会場まで近くてよかったですね…」

くらいのボールしか返せないです、ソレ。

誤解のないように言っておきますが

決して

近いのでウチに来ませんか?

的なニュアンスではなく

めっちゃ便利でしょアピール

ではないかと思われます。

ま、いずれにせよ

名刺交換をしたら

まずは

相手の名刺に関するなにかしらの

会話のボールがいいでしょうね。

今回の場合は

名刺を見たわたしが彼の住所に気づいて

「ここからお近くなんですねえ」

というフリがあるまで待てばよかったかな?

人と人を繋ぐはずの名刺交換、

そのタイミングで

ググっと距離を離されることのないように

気をつけましょうね



☆七條千恵美の研修・講演について☆

☆七條千恵美のインタビュー記事はコチラ☆

☆プライベートはコチラ(友達申請はメッセージを♡)












下の記事も一緒に読まれています。




個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.