自分ならばどう感じるか?という視点でのファーストアプローチを…名刺=リスト??



おはようございます。

【一番に思い出され選ばれる人になる!】

「外見力」「察知力」「表現力」

たった3つのポイントで

お客様から信頼される人になるための研修講師

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。


わたしはいつも

「察する力」が大切だと言っている。

「察知力」とは

もちろん相手の気持ちを察する、すなわち

気遣いとか心遣いに繋がるから大事だよ、

ということもあるが

それだけではなく

自分のとった行動を

相手がどう受け止めているか?

ということを察するためにも役立てていただきたい。

CAだった時には

お客さまに対してはもちろん悪意などなく

「良かれ」と思ってやった行動でさえ

お客さまの反応が分かれることがあった。

例えば

空席がたくさんあるフライトにもかかわらず

ギュウギュウでお座りの方に

「ゆっくりお休みになれますので

よろしければ空席を案内しましょうか?」

ってな言葉をかけても

「あ、本当?ありがとう。じゃあ移ります」

というお客さまがほとんどではあるものの

中には

「オレはここでいいんだよ(チッ)

というような方もいる。

まあそんな経験を積むうちに

言葉のバリエーションも増え、

万人に有効なアプローチの仕方を

学んでいくのだが

ここでわたしが言いたいのは

最初のアプローチは慎重にね!

ってこと。

以前、マナー講師と名乗る方と

とあるセミナーで名刺交換をした。

すると数日後に

彼女からメールが…

いや、彼女からと言うよりは

彼女がわたしの名刺に書かれたメアドを

自身のメルマガに登録したようで

彼女のメルマガが届いた。

それってとてもよくあることで

メルマガによっては

「名刺交換をさせていただいた方にお送りしています」

というような

『勝手に送ってゴメンね』

の気持ちを表す一文があったり

「登録させていただきましたけれど

不要であればすぐに解除してね」

的な配慮をにおわせる一文があるものもある。

メルマガは希望者に送るものでは?

という気持ちも

この配慮を感じる文面で

「ま、いいか」

という気持ちになったりもするが

名刺交換するや否や

配慮の気持ちもないメルマガがくると

ウンザリだ。

名刺GET=リスト確保

この考え方、

どうにかならんかなあ?

しかも

マナー講師を名乗っているんだし。

そのメルマガを受け取った時に

「アンタがマナー習いなさい」

とわたしが呟いたかどうかはさておき

自分がされたらどう思うの?

ってところをね、

ちょっと考えたらいかがでしょ?

と思う次第です。

まずは

信頼関係を高めることが先。

その方法なんていくらでもあるはず。

焦ったら墓穴掘りますよ。

遠慮はいらんが配慮は必要なり


察知する力を高めるセミナー情報☆

あと1席です!
10月16日(金)@田町13:30~16:30
【一番に思い出され選ばれる人になる!】
人間力を高めたい起業家のための学び場
(察知力編)


☆七條千恵美の研修・講演について☆

☆七條千恵美のインタビュー記事はコチラ☆

☆プライベートはコチラ(友達申請はメッセージを♡)











個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.