良かれと思っての苦言でも表現方法はポジティブに。



おはようございます。

【一番に思い出され選ばれる人になる!】

外見力・察知力・会話力

たった3つのポイントで

お客さまから信頼される人になるための

ステップアップトレーナー

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

アナタのお客さまは

何を求めてアナタのところに来たのでしょう?

ヘアサロン、ネイルサロン、マッサージ…

ただキレイにしてもらうとか

体の疲れを取ってもらうだけではなく

気持ちもリフレッシュして

心も元気になりたいなあ

という想いで足を運ぶ人も多いはず。

だからこそ

お客さまとの会話は

ネガティブな表現は避けて欲しいところ。

「ホラ、こんなに傷んでますよ」
(→わかってるからわざわざ上塗りしないで)

「それはうちでは無理ですね」
(→あきらめ早っ!代替案はないのん??)

「なぜこうなるまで放っておいたの?」
(→ただでさえ痛くて辛いから責めないで…)

「このままだと○○できなくなりますよ」
(→そうなりたくないから来たんです。不安をあおるなよ…)

こんな言い方されちゃうと

おっしゃることはその通りなんですけど

なんか

不安を煽られてますます不安&悲しい

その事実はあったとしても

明るい気持ちになるような提案や

代替案が欲しいところ。

せっかく来てくださったお客さまには

施術だけではなく

幸せな気持ちや楽しい時間、安心などを

持ち帰ってもらいたいと思いませんか?

アナタに会いに

アナタを頼って

アナタを信じてきてくれたお客さま。

良かれと思っての苦言だとしても

表現方法は心に寄り添った伝え方

になるように工夫したいものですね


☆セミナー情報☆
10月16日(金)@田町13:30~16:30
【一番に思い出され選ばれる人になる!】
人間力を高めたい起業家のための学び場


☆七條千恵美の研修・講演について☆

☆七條千恵美のインタビュー記事はコチラ☆

☆プライベートはコチラ(友達申請はメッセージを♡)











個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.