うまくやろうと思えば思うほどドツボにはまる~誰のためにやってるのか?



こんばんは。

【一番に思い出され選ばれる人になる!】

外見力・察知力・会話力

たった3つのポイントで

お客さまから信頼される人になるための

ステップアップトレーナー

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

セミナーや講演などで話す時。

「うまくやろう」

「いいこと言わなきゃ」

「リピートしてもらえるといいな」

「アンケートにいいこと書いてもらいたいな」

「失敗したらどうしよう」

わたしも人間なので

人前で話す前には色んな感情が湧いてくる。

でもそんな時は

「わたしは誰にために話すのか?」

と自問自答することにしている。

(控室やトイレでね)

自分にベクトルが向いている時って

やはり想いは伝わりにくいもの。

自分の経験から確信していることや

気づいていることを

なんとしても伝えたい。

そしてどうにかお役に立ちたい。

そんな想いで発する言葉には

魂が入っているとでも言おうか

聴いている人の心に響くのだ。

(残念ながらたま~に何を言っても響かない人もいるけどね)

滑舌とか

話すスピードなんかも

もちろん大切なんだけど

一番大切なのは

想いです。

緊張しちゃったり

なんかうまくいかないよって時には

「想い」というベクトル

自分に向かっているのか

相手に向かっているのか

どこを向いているのか

確認してみるといいですよん


☆七條千恵美の研修・講演について☆

☆七條千恵美のインタビュー記事はコチラ☆

☆プライベートはコチラ(友達申請はメッセージを♡)












下の記事も一緒に読まれています。




個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.