口下手なのでお客様と何を話せばいいかわかりません。というアナタへ…



こんばんは。

【一番に思い出され選ばれる人になる!】

外見力・察知力・会話力

たった3つのポイントで

お客さまから信頼される人になるための

ステップアップトレーナー

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

今日は会話力の話。

口下手なんです。

人見知りなんです。

お客様と何を話せばいいのかわかりません。

という人へ。

よく言われるのが

天気の話は当たり障りがない。

だからまずはお天気の話からするといいですよ」

ってやつ。

それは否定しないけれど

「今日は暑いですねえ」

だけだと

「そうですねえ・・・」

シー――――ン・・・

となることもある。

ツッコミの冴えたお客様ならば

「だからなんやねん?」

と心の中で呟いているかもしれない。

話好きのお客様ならば

「今日は暑かった」

というキーワードだけで

話が弾むこともあるけれど

会話の切り出し方がいかにも

「なにか喋らなきゃ…そ、そうだ。天気!」

という空気感があると

「この人、無理矢理わたしに話しかけてるわね」

ということが伝わってしまう。

それではお客様は楽しくも嬉しくもない。

だって

「話さなきゃ」

がメインになっていて

お客様に関心がないことがバレバレ

だから。

例え無理矢理切り出した天気の話でも

こんなふうに言ってみるのはいかがでしょう?

「今日は暑かったですねえ。

こちらに来るまで暑くて大変だったでしょう?

とか

「今日は暑かったですねえ。

暑い中、お越しいただいてありがとうございます

とか。

つまり

話の主人公をお客様にするのです。

かと言って、

よーし!わかった!

とまくし立てないでくださいね。

それを頭に置きつつも

その目の前の人が

おしゃべりが好きなのかどうか。

話しかけることでどんな感情の変化があったのか。

そこをしっかりと

見極めることが大切。

だから

会話力を磨くためには

察する力も必要ってことなんです。

目の前の人を幸せにするために

何ができるのか?

それをコツコツと追い続けることが

結果的には実を結びます。

お試しあれ


セミナー情報

あと1席!

9月5日(土)13:30~@田町

【一番に思い出され選ばれる人になる!】

影響力を高めたい起業家のための学び場
<察知力編>


☆七條千恵美のプライベートはこちら
       ↓↓
https://www.facebook.com/chiemi.shichijo
友達申請は「ブログを見た!」とメッセージを

添えてください!











個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.