「アナタのスタッフがお客さまに失礼な態度をとっていませんか?」-わりと気づけないところかも



こんばんは。

一番に思い出される人になる!

影響力を高めたい起業家のための

クライミングインストラクター

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

今日は研修講師としても一言お伝えしたく。

昨日、こんなことがあった。

ゴルフバッグの集荷にきてくれた

配送スタッフとのやりとり。

わたしはゴルフバッグの集荷依頼は初めて。

きっとゴルフバッグにつける伝票は

ゴム紐がついているタイプの伝票なんだろう

とばかり思っていた。

だからいつもと同じタイプの伝票を渡された時に

「あれ?どうやってバッグにつけんの?

まさかぺったり貼っちゃうわけ?

と思い、

「この伝票は紐ついてないんですか?

どうやってゴルフバッグにつけるんですか?」

と配送スタッフに聞いた。

すると・・・

「いいから書いてよ」

だって。

なぜにタメ口?

なぜにそんな偉そうなんだ、アンタ…笑

あとで

その伝票を紐付きケースに入れてから

ゴルフバッグにつけるんだってことは

わかったけれど

なんちゅう言い方だよ、まったく。

経営者の目が行き届かない場面

こんな事例っていっぱいあるんだろうな。

と思った次第です。

で、何が言いたいかと言うと

例えば

セミナー開催をヘルプしてくれるスタッフや

アナタの代わりに

お客さまと連絡をとることがあるスタッフさん。

アナタの目が届かないところでの

言動は大丈夫ですか?ってこと。

もちろん信頼をおいて依頼しているとは

思うけれど、時々こんな人がいる。

CAだった頃にも感じていたけれど

大物芸能人や売れっ子講師の

取り巻きスタッフの勘違いな言動。

すごいのは「そのご本人」

であるにもかかわらず、

まるで

自分までもがスター気取りだったり

特別な立場にいるような振る舞い

周囲のお客さま的には

「アンタ誰?」

ですよ。笑

どんなスタッフと共に仕事をしているのかって

お客さまから見ても重要なことだと思う。

人を雇う立場になったり

誰かに手伝ってもらうことになった時には

お客さまの反応には更に敏感であってほしい。

規模が大きくなればなおさらのこと。

アナタが

ずっと監視している訳にはいかないのだから。

だからこそ

教育って大切なんだけどな。

上っ面で

「お客さまに感謝!」とか唱和させることが

大事なんじゃない。

お客さまがいるからこそ

仕事ができるんだってこと。

根っこはそこなんですよね。

どんな仕事でも一緒


☆至近のセミナー情報☆
【一番に思い出される人になる!】
影響力を高めたい起業家のための学び場
次回の開催は7月15日(水)

13:30~16:00@渋谷です!

☆七條千恵美のプライベートはこちら
       ↓↓
https://www.facebook.com/chiemi.shichijo
友達申請は「ブログを見た!」とメッセージを
添えてください












下の記事も一緒に読まれています。




個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.