「相手の気持ちを理解できない人が他人から理解されると思いますか?」-魅力ゼロに等しい



こんばんは。

一番に思い出される人になりたい!

起業家のための

クライミングインストラクター

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

少し前になるが

ある男性の起業家さんに

メッセージのやり取りで説教をしたことがある。

リアルでお目にかかったこともないし

しつこいし

即ブロックをしてもよかったのだが

メッセージの内容を見て

一言いわずにはいられなくなった。

彼はかつて

大変活躍していた人物らしい。
(ホントかわからん)

本も何冊も出しているらしい。
(だから何だ?)

けれども

現在は大変不幸な状態にあるらしい。
(人物が特定されるので詳細は省きます)

延々と不幸話を送ってくる。

挙句の果てには

文末に電話番号まで記載しておる…


かけるとでも???

そのメッセージを見て

わたしは思った。

今、ビジネスがうまくいっていないのは

ご自身に起きた

不幸な出来事のせいじゃないと。

まだ良好な関係を築いていない相手に対し、

「自分のことを理解してくれ~」

「無視しないでくれ~」

「こんなに不幸なんだよ~」

って・・・

あのさあ。

そもそも

「こんなメッセージは相手が引くだろうか?」

とか

「こんな話をしたらビックリするだろうか?」

とか

「しつこくして気持ち悪くないだろうか?」
(↑気持ち悪いです。間違いなく)

というようなことは想像できなかったのか?

相手の気持ちを汲み取れないアナタ

だから

うまくいってないんだよ!!!

わたしからはこんな説教メッセージを返した。

「みんな、それぞれに痛みを持って生きています。

人を幸せにしたいと思ってしたことが裏目に出たり

知らず知らずのうちに

相手を不快にさせてしまうこともあります。

理解されたければ、

まずは相手を理解することからと

いつも自分を戒めております。

わたし自身、常に自問自答しながら

必死に生きています。

多忙につき、今後このようなメッセージは

お控え下さい」

あら。

今改めて読み返してみると

全然説教じゃないわね、これ。

優しすぎる。

ま、

この人のケースは極端な事例だけど

そもそも

何でアナタは起業したの?

と聞きたくなる。

理解されたければ

まずは

相手の気持ちを理解するように努める。

これができずして

お客さまのお役になど立てるものか。

「オレが!オレが!」

は嫌われますからね~

☆至近のセミナー情報☆

【一番に思い出される人になる!】
影響力を高めたい起業家のための学び場
6月24日(水)@渋谷
 増席2→満席です!
6月27日(土)@渋谷 残席3→残席2です!

☆七條千恵美のプライベートはこちら
       ↓↓
https://www.facebook.com/chiemi.shichijo
友達申請は「ブログを見た!」とメッセージを
添えてください











個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.