「アナタのブログは読み手を遠ざけていませんか?」-だって読みにくいんだもの♪



こんにちは。

一番に思い出される人になりたい!

起業家のための

クライミングインストラクター

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

はい。

今日はこっちの顔で。

ま、書くことはいつも同じですが笑。

わたしはお恥ずかしながら

本はめったに…

いやほとんどと言っていいくらい読まない。
(もうどうにかしてこの読書嫌いを直したい笑)

そんなわたしでも

「この人のブログは必ず読む」

「この人の発信するものは惹きつけられる」

というものがいくつかある。

それは

その方をリアルで知っているとか

知らないとかいう問題ではなくて

ただ

「勉強になるから読みたい」

「面白いから読みたい」

「ムカつくけどなぜか惹かれる」

という感情が働くからだ。

けれども

その感情が芽生える暇もなく

「はい。サヨウナラ…」

というブログもたくさんある。

回りくどいのは嫌いなので

わたしの見解をサクッとまとめると

まず、

「これ、読む人のことを考えてるのかな?」

というものはすぐにお別れになる。

行間がない。

専門用語が多い。

クソ真面目。

感情の起伏が激しい。
(↑人のこと言えない)

誤字脱字が毎回多発。
(↑時々は許して)

自己陶酔。

絵文字多すぎ。

ガッカリ番外編
リンクを開いたら一行だけの文と
ランチの写真1枚。
(芸能人ならアリなんだろうけど)

これ全部

私の個人的な見解ですけどね。

ブログを書く目的は様々なので

「とにかく吐き出したいのよ!」

という人はそれでよし。

けれども

起業家であるアナタはそれでいいのかな?

伝わってなんぼでしょ?

見てもらって

読んでもらってなんぼでしょ?

読む=時間を使わせる

ということ。

せっかく何かのご縁があって

アナタの記事に辿り着いてくれたのです。

最後まで読まずに去られてしまうのは

もったいないことだ。

アナタの発信するものに

読む人への配慮はありますか?

アクセスを稼ぐために

投稿数にこだわる人とは

反対のやり方かもしれない。

けれどもわたしは

いつ読みにきてもらっても

どの過去記事を切り取られても

絶対にガッカリさせない。

そんな想いで書いています。

「ははーん。手抜きしおったな。」

というものは世に出さない。

それがなぜ大切なのか?

なぜならばそれは、

アナタの応援者になるかもしれない方への配慮

だけではなく

アナタが発信するものは

アナタそのもの。

発信するものには

その人自身が表れるからです


☆至近のセミナー情報☆

【一番に思い出される人になる!】
影響力を高めたい起業家のための学び場
6月24日(水)@渋谷
 増席2→満席です!
6月27日(土)@渋谷 残席3

☆七條千恵美のプライベートはこちら
       ↓↓
https://www.facebook.com/chiemi.shichijo
友達申請は「ブログを見た!」とメッセージを
添えてください












下の記事も一緒に読まれています。




個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.