「アナタの会話はお客様の気分とマッチしていますか?」-会話は状況を見て…



こんばんは。

愛ある接客ができる社員を育成する研修講師

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

お客様との絆を深めるために

お客様と会話することはとても大切。

ただし。

その会話でお客様の

気分を下げることがあってはならない(笑)

先日、ホノルル便を利用した時、

着陸し、降機するためのドアが開くまでの間

1人のCAが娘に

「疲れた?」

と声をかけた。

「お、絆作りね」

と思って見ていたのだが、

途中から

「何でやねん!(笑)」

とやや引いてしまった。

「疲れたかな~」

という優しい空気感ではなく、

「疲れた?

でもね、お母さんはもっと大変なのよ~。」

となぜか説教モードだ。

あの~、

これから楽しいハワイ旅行なんですけど(笑)

まあ、それでも

母である私への配慮かと思い、

苦笑して見ていた。

すると

更に娘への説教モードは続き、

「子供を産むとね、色々と大変なの。」

とかなんとか言ってます。

娘の髪を触りながら…
(↑これも状況によって考えるべし!)

あの、すみません。

うちの子に何か文句でも?

めっちゃお利口に過ごしてましたけど。

イラッときたので、そのCAから

「ねえ、お母様」

と相槌を求められた時に

「あ、すみません。わたし、元CAです。

他のCAさんに

『ご協力できることがあれば声かけてください』

と一応伝えたんですけど…」

とチンプンカンプンな返しで

イラッとオーラを出してしまいました(笑)

これから楽しい旅行です。

ハワイは、ほとんどの人が楽しい旅行です。

「楽しんで来てくださいね~」

と、なぜ言えませんかね?

快適なフライトだったのに

最後もったいなかったなあ・・・。

お客様が

楽しい気分でいるのか?

悲しい気分でいるのか?

疲れているご様子なのか?

状況に合わせて会話することを

忘れてはいけません。

せっかくの会話が

マイナス印象にならないように工夫が必要です


そして、何度も言いますが、

快適なフライトでした。

また利用します。

(わたしはこの航空会社が大好きです!!笑)


☆七條千恵美の研修・講演ってどんなことするの?        
       ↓↓

  
http://glitterstage.jp/lecture/


☆七條千恵美のプライベートはこちら
       ↓↓
https://www.facebook.com/chiemi.shichijo
友達申請は「ブログを見た!」とメッセージを
添えてください

☆「CAになりたいんです!」という方はこちら
        ↓↓
元CA教官からのアドバイスがいっぱいのブログ











個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.