「社員研修の費用は経費ですか?投資ですか?」-削るとこ間違うと本末転倒かと…



こんばんは。

愛ある接客ができる社員を育成する研修講師

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

「企業って業績が悪化するとまず削るのが研修費」

と言う話を、先日知人から聞いたばかりだったが

昨日の

『シニア顧客を虜にする~』のセミナー参加者からも

こんな声が。

「会社の研修費削減により、

今まで人材育成などやったことがないのに

全部自分に1から任されてしまった。

どうしよう…と思い、接客について調べているうちに

七條さんのブログにヒットして今回参加しました」

そんな事情があったのね。

めちゃめちゃ真剣に聞いていた理由が

わかりました(笑)

で、その方に現在お勤めの会社の

接客レベルについて聞いてみた。

「お客様への挨拶もままなりません」

終わっとる(チーン)・・・

その方は目がキラキラしていて

とても熱意のある方だった。

だからこそ彼女が任されたのであろう。

でも、ちょっと待って。

なんで一社員の彼女が自腹切って

セミナーで学んでんのにさ、

会社が研修費ケチってんの(怒)?

こういう意識の高い人は頑張り屋さんです。

なんとかしなきゃって。

任されたら頑張らなきゃって。

そうしているうちにきっと気づく。

「良い会社にしていきたい」という

自分の心の温度の高さと

経営陣の温度の低さに。

そして

経営陣の本気度の低さに失望する。

わたしは

前職でお客様に言われた一言が忘れられない。

「業績回復はいいけれどね、

経費をかけるところとケチるところ

間違ってるんじゃないのか?

お支払いいただいた対価に見合ったサービスが

できていないのではないか?

という気持ちを持ち始めていたわたしには

グサリときた。

でも、

業績悪化になると研修費を削るというのは

本当だったんだなあ・・・

と思っていたら。

本日、講演の打ち合わせをした企業様は

・業績悪化しても研修費は削らない

・全店舗閉めて講演を実施する

・これからの時代は『人』で価値をつけるしかない

とおっしゃった。

しびれますな!笑

研修費を削る発想は「経費」と考えるからだ。

研修やって人の価値が上がって

成約取れたらそれでペイするでしょうが。

「人」にかけるお金は投資!!

それに気づいてない企業もまだまだ多い。

気づいちゃってる企業さん、

いくらでも力貸しますよ~



☆七條千恵美の研修・講演ってどんなことするの?        
       ↓↓

  
http://glitterstage.jp/lecture/


☆七條千恵美のプライベートはこちら
       ↓↓
https://www.facebook.com/chiemi.shichijo
友達申請は「ブログを見た!」とメッセージを
添えてください

☆「CAになりたいんです!」という方はこちら
        ↓↓
元CA教官からのアドバイスがいっぱいのブログ












下の記事も一緒に読まれています。




個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.