「経営者としての振る舞いに気をつけていますか?」-お客様へのご不満をSNSに載せること



こんにちは。

愛ある接客ができるスタッフを育成する研修講師

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

SNSに投稿されていた記事を見て

「んん?ありえないなあ~」

と思っていた記事があった。

経営者が

お客様への不満をぶちまけている記事である。

あえて

「それって経営者としておかしくない?」

とコメントすることは控え、

さわやかにスルーしていたけれど

その投稿とよく似た事例で

お客様として悪口を書かれちゃったご本人から

問題提起されましたのでブログでご紹介。

もちろん、わたしも

お客様の振る舞いの酷さによっては

「そんな客にはズバッと言うたれ!!

来てもらわなくて結構!!

と激しく同意することもある。

もう「お客様」と呼ぶレベルではなく

営業妨害レベルの人ならそれもわかる。

けれども、

今回の記事を見る限りでは

「接客していたらそれくらいのことはあるだろ」

と言うレベルのトラブル。

むしろ、

「そういうお客様に対して

どうすれば気分を害さずにご協力いただけるか?

を考えるのがプロだろ」

と思った。

SNSで公開範囲を限定しているから大丈夫とか

そういう問題じゃない。

経営者としての品格の問題かと。

仮に該当のお客様がその投稿を見なくても

それを見た人は

「お客様の悪口書いちゃうんだ、この店…」

と思うだろう。

しかもその投稿には、ちょっと調べれば

個人が特定されてしまうような情報も載っていた。

店の評判を落とすような真似を

経営者が自らするのは如何なものか?

幼いとしか言いようがない。

で。

「悪口を書かれていた」と

わたしに問題提起をしてきた方。

そんな店行かなくてもいい。

ただそれだけのこと。

ご自身が

もっと幸せになれるお店を選んでくださいまし。



【☆七條千恵美のセミナー情報☆】
☆2月22日(@渋谷
第4回
「シニア顧客を虜にするための3つのポイント講座」

☆七條千恵美の研修・講演ってどんなことするの?        
       ↓↓

  
http://glitterstage.jp/lecture/


☆七條千恵美のプライベートはこちら
       ↓↓
https://www.facebook.com/chiemi.shichijo
友達申請は「ブログを見た!」とメッセージを
添えてください

☆「CAになりたいんです!」という方はこちら
        ↓↓
元CA教官からのアドバイスがいっぱいのブログ












下の記事も一緒に読まれています。




個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.