「シニアのお客様に馴染みのないパネル操作の説明をしていますか?」-ゆっくりと伝える



こんにちは。

愛ある接客ができる社員を育成する研修講師

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

最近、

色々なところで見かけるようになった

タッチパネル。

銀行だけでなく、飛行機のチェックイン、券売機、

コンビニ、回転ずし…数えだしたらキリがない。

パッと見ただけですぐにうまく使いこなす

シニアの方もいらっしゃるが

銀行などでは、その焦っている後姿だけで

タッチパネルの使用方法がわからずに

四苦八苦しているご様子のシニアの方も見かける。

スタッフが気づいてくれればいいが

他のお客様対応に追われ、誰も気づかない時もある。

そんな時は、その方が不憫になって

思わずお手伝いをしたくなるが

扱っている物がお金だけに

こちらからしゃしゃり出るのも何だか(笑)

(聞いてくれたらお手伝いできるけど…)

以前も書いた気がするけれど

シニアの方に何かを説明する時は

とにかく

「ゆっくりと。」
「わかりやすく。」

説明する側にとっては

「本日、この説明10回目なんですよね。」

かもしれないが

聞く側の立場になってみれば

「初めて聞きます。さっぱりわかりません。」

のことかもしれない。

目の前にいるシニアのお客様と向き合う時は

自分のおじいちゃん、おばあちゃん。

もしくは

年老いた両親

スタッフにどのような対応ををされれば

安心できるか?そして、嬉しいか?

と想像して丁寧な対応をしたいものですね


☆七條千恵美の研修・講演ってどんなことするの?        
       ↓↓

  
http://glitterstage.jp/lecture/


☆七條千恵美のプライベートはこちら
       ↓↓
https://www.facebook.com/chiemi.shichijo
友達申請は「ブログを見た!」とメッセージを
添えてください

☆「CAになりたいんです!」という方はこちら
        ↓↓
元CA教官からのアドバイスがいっぱいのブログ












個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.