「公共でのマナーこそが接客の土台になっていると思いませんか?」-傘マナーが残念な人たち



こんばんは。

愛ある接客ができる社員を育成する研修講師

七條千恵美(しちじょうちえみ)
です。

今日のような雨の日は

いつも残念な傘マナーを見かける。

さきほども、

駅構内の上りエスカレーターを降りるや否や

傘についた水滴を

バサッバサッ!と豪快に振り払うオッサ…

いえ、オジさんと出くわした。

付近にいたわたしと娘にかかってますが?

水滴もさることながら

棒状である傘を人ごみで振るという

無神経さが嫌になる。

これも言わせてほしい。

傘を地面と平行に持ち

尖った方を後方に向け、

元気よく腕を振って歩く人…

地面と垂直に持ってくださいっ

2~3才くらいの子が後ろにいたらと思うと

ゾッとする。

目を突いたらどうするんだろ。

そんな危険人物を見かけると

意図的に軽くその人の傘と接触し、

「あ、すみません」

と笑顔で言いつつ、

傘を強制的に垂直持ちにさせることが

あったりなかったりするわたし…

ま、

傘マナーについてはこの辺にして

力業で「接客」に繋げますけど(笑)

公共のマナーが守れない人って

いい接客なんて

絶対にできないと思う。

だって

「自分さえよければ」の塊でしょう?

そんな人がどう逆立ちしても

他人の心に敏感になどなれるわけがない。

笑顔のキープや

饒舌な会話はできるかもしれないけど

いつか

大きなポカをやらかすでしょう。

キラリと光る接客とは

相手に関心を持って観察し、

相手の心の動きに敏感になり、

その気づきを

伝えることができるかどうか。

だからこそ、

日常の在り方が土台なんですよね

あ、

そうそう、あともう1つ。

強風で壊れた傘ですが

いくら使い物にならないからと言って

ところ構わず捨てて行くのはやめましょう!!

あらら。

せっかく力業でもっていった接客記事が

着陸はやっぱり「傘」になってしまいました~


☆七條千恵美の研修・講演ってどんなことするの?        
       ↓↓

  
http://glitterstage.jp/lecture/


☆七條千恵美のプライベートはこちら
       ↓↓
https://www.facebook.com/chiemi.shichijo
友達申請は「ブログを見た!」とメッセージを
添えてください

☆「CAになりたいんです!」という方はこちら
        ↓↓
元CA教官からのアドバイスがいっぱいのブログ












個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.