「負のオーラを発する人は研修で変われますか?」-自分の負に気づいているかどうかがカギ



こんにちは。

愛ある接客ができるスタッフを育成する研修講師

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

研修をする時に受講者の前に立つと

「何か必ず学んで帰ろう(ワクワク)!」

って人と

「とりあえず来ました。でも来たからには

ちゃんと向き合います。」

って人と

「とりあえず来ました。サクッと終わらせたい。」

って人と

「研修?あーあ、めんどくさいなあ…」

って人、すぐにわかります。

研修に向き合う人の気持ちにバラつきがあること、

それはごく自然なことだと思っている。

ただ、

せっかく大切な時間と

お金をかけて研修をするのであれば

無駄な時間にはしたくない。

研修を始める前に全員に目を閉じてもらって

挙手してもらった。

「今の仕事に誇りを持ってるよ!って人」

「今の仕事に誇りを持てないんだよね。って人」

どっちですか?

「誇りを持ってます。」

の人数がほとんどではあったものの、

中には迷って

「とりあえずこっちに挙手派」

も数名含まれているだろう。

わたしが、

「おっ!いいねー。」

と思ったのは

ちょっと首を傾げながら、でもしっかりと

「正直、今、誇りを持てない」ほうに

挙手をした人である。

正直な人って

それだけで好感が持てる。

そしてこうも思った。

「誇りを持てないって方に手を挙げたキミ、

アナタもう大丈夫です…(任せとき!)

案の定、研修の途中から

彼は前のめりで話を聞いていたし、

目の色が変わっていくのがわかった。

教官とか講師とかやっていて

もっとも嬉しい瞬間である。

他の人でもアンケートに

「ポジティブな考えができず卑屈だったが

甘いと気づいた」

というのがあったけど、

大事なのはそこなんです。

現状に気づくこと。

しかし。

やはり困ったちゃんはどこにでもいる。

それはどんな人か?

どっちにも手を挙げない人。

考えたけど、

どちらにも該当しなかったんです…

と、いうことならばいいけれど

見ていた限りでは

たぶん、何にも考えてません(笑)

「人生、他人事さん」ですね。

そして得意なことは他責。

やるべきことをやっていないのに

権利を主張することは得意。
(よくいるでしょう笑?)

そんな困ったちゃんに言いたいことは1つ。

アナタ、甘いです

アナタが手にするお給料は

お客様からいただいたお金です。

お客様の満足度も得られていないくせに

自分の環境に対して饒舌に不満を語るのは

ちょいとおかしな話かと。

もしわたしの訓練生だったら

個別説教部屋行き確定です

全員が高い志を持って仕事に向き合うことを

諦めてはいけないけれど

足並みがそろわないことは多々あります。

だからこそ、

そんな負の力をも巻き込んでいくくらいの

プラスの力を持った社員やスタッフの存在

大切だなあと改めて感じました。

昨日は、そんなプラスの力を持った

キラキラオーラをまとった人も

たっくさん、いらした。

そんな皆様の今後が楽しみです。

負のオーラも巻き込んじゃってくださいね


☆七條千恵美の研修・講演ってどんなことするの?        
       ↓↓

  
http://glitterstage.jp/lecture/

☆七條千恵美のプライベートはこちら
           ↓↓
https://www.facebook.com/chiemi.shichijo
「ブログ見た!」とメッセージをくだされば喜びます(笑)



====================

【関西在住のCAの卵ちゃんたちへ!】

元CA教官が直接指導!

関西出張レッスンのご案内はコチラをクリック!












下の記事も一緒に読まれています。




個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.