「いつの間にか自己流がすべてだと思いこんでいませんか?」-忘れた頃に基本を思い出してみる



こんにちは。

愛ある接客ができる社員を育成する研修講師

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

昨日はわたしが長年お世話になっている

化粧品会社の方が我が家にいらした。

美肌アドバイザー(?)の彼女とは

メールではやり取りしていたものの、

なかなかお目にかかる機会が持てずにいた。

しかし、

わたしとしては特にお目にかからずとも

困ったことはなかった。

もうすでに肌のお手入れ方法は習っていたし

今更聞かずともできますゆえに・・・

と思っていた。

ところが…。

わたしが実際に普段やっているお手入れ方法を

彼女にチェックしていただく場面で

「はい、じゃあ、クレンジングからやりまーす!」

と、お見せすると

彼女はわたしを見てびっくりしている(笑)

「え?七條さん、まさかいつもそんなやり方…?」

「あれ?違ったかな?…ああ、そうだ!思い出した」

出だしから自己流疑惑をもたれてしまった。

「はい、じゃ次は洗顔ですね~」

(知ってる知ってる!ちゃんとやってるよ~)

と、さっきの汚名返上とばかりに

手際よく進めようとすると、

「えええ?○○使うようにって言ってましたよね?」

と彼女。

・・・?

・・・ああ、そうだった!そうです。そうでしたね

こんなことの連続だった。

そのたびに彼女は目を点にしたり

私の効率重視の自己流お手入れに

大笑いしたりしていた(笑)

いったいいつから私は、

自分に都合よく勝手な解釈をして

自己流を続けてしまっていたのだろうか??

これって、

接客の仕事にも言えることだなあと思った。

基本をしっかり踏まえた上で

状況に応じて対応する。

だから答えは1つではない。

ただし。

この基本がいつの間にか

自分に都合のよい解釈にすり替わっていることが

ないだろうか?

自分のやり方に自信を持つのと同時に

「知ってるよー。やってるよー。」

の気持ちは横に置いて

時々は足を止めて、

「本当にわたし、ズレてないかな?」

と確かめることが必要だと

身をもって感じました。

いやいや、

来ていただいて本当によかった!!

間違った肌の手入れ方法を続けるとこでした。

劣化速度は極力抑えたいですからねえ…(笑)


☆七條千恵美の研修・講演ってどんなことするの?        
       ↓↓

  
http://glitterstage.jp/lecture/

☆七條千恵美のプライベートはこちら
           ↓↓
https://www.facebook.com/chiemi.shichijo
「ブログ見た!」とメッセージをくだされば喜びます(笑)



====================

【関西在住のCAの卵ちゃんたちへ!】

元CA教官が直接指導!

関西出張レッスンのご案内はコチラをクリック!












個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.