「シニアのお客様のご好意を素直に受け入れていますか?」-甘え上手になることも必要です!



こんばんは。

愛ある接客ができるスタッフを育成する研修講師

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

CAだった頃、

シニアの団体旅行の方が楽しそうに機内で

それぞれが持ち寄った漬物やおつまみを

召し上がりながら談笑していらしたときに

その楽しそうな雰囲気につい引き込まれ、

「美味しそうですね~」

と、声をかけると

「CAさんも食べるー?」

なんて優しい言葉をかけていただくことがよくあった。

また、

機内販売で香水のセットをお買いになったご婦人が

「これとこれしか使わないから、これ、あげる。」

と言って、わたしにくださるなんてこともあった。

賛否両論あるかもしれないが

「CAさんも食べるー?」

と言われて

「お気持ちだけ頂戴します!」

と言うよりも

「催促したみたいで申し訳ございません(笑)

と言った方がお客様も嬉しいだろうと確信した時は

ありがたくご好意を受け入れることにしていた。

お買いになったばかりの香水をあげると言われた時は

さすがに

「いえいえ、お買い上げいただいたものですし…」

とお答えしたものの、

「いいの。どうせ使わないから。はい(どーぞ)」

と差し出され、

「…よろしいのでしょうか?ありがとうございます」

とアッサリいただいてしまったわたし。

先輩に報告すると

「お客様がそうおっしゃるならいいんじゃない?

でも。

あと3回くらいは遠慮しなさいね」

と言われたけど(笑)

賛否両論あるかもしれないが(→2回目)

わたしはこれで良かったと思っている。

以前、

あるコミュニティでバーベキューに行った時のこと。

シニアの知人も参加していたのだが

彼は食後にどうしても

インスタントのコーヒーではなく

ドリップのコーヒーをみんなに振る舞いたかった。

その気持ちを踏みにじるように

ついウッカリわたしが

「もう誰か粉のコーヒーを用意してましたよ」

なんて言っちゃったものだから

そのシニアの知人は

「インスタントなんかダメだ。ドリップがうまいから!」

とムキになってしまった。

にもかかわらず、

更にわたしが無神経にも

「お砂糖ないですかねぇ?ブラックで飲めない…」

なーんて言っちゃったものだから

「そういうこと言う人は飲まなくていいっ(プイッ!)

とヘソを曲げてしまった。

(あ、しまった…)

でも、ブラックは苦手なんだもーん。

と彼を放置していたが、なんのことはない。

持ってきました。

ブラックコーヒーを…。

苦手だと言っているわたしの元へ。

「ちょっと飲んでみて!ちょっと飲んでみて!」

半ば強制的にいただいたブラックコーヒー。

でも、あら不思議。

意外にも美味しい…

「あ、美味しい…」

と、思わずわたしが呟いたときの

「だろ~~っ!!」

と言った彼の嬉しそうなドヤ顔が

忘れられません(笑)

シニアの方のご好意は

有難いものも

そうでないものも

半ば強引なものも

素直に受け取ることが

お互いにとって平和なのだと学びました

素直な人

シニア層から可愛がられるってことですね

好意を素直に受け取ることが

相手にとっての

「喜び」

になる場合は

素直に好意を受け取ったり、甘えたりして

最高の

「ありがとう」

でお返ししたいですね


至近のセミナー情報
「シニア顧客を虜にするための3つのポイント」

11月21日(金)@渋谷19:30~


☆七條千恵美の研修・講演ってどんなことするの?        
       ↓↓

  
http://glitterstage.jp/lecture/


☆七條千恵美のプライベートはこちら
       ↓↓
https://www.facebook.com/chiemi.shichijo
友達申請は「ブログを見た!」とメッセージを
添えてください

☆「CAになりたいんです!」という方はこちら
        ↓↓
元CA教官からのアドバイスがいっぱいのブログ











個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.