「不公平と感じているお客様の視線をキャッチしていますか?」-他の人より損をしたくない顧客心理



こんばんは。

愛ある接客ができる社員を育成する研修講師

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

ホテルの部屋に特別に用意されたフルーツ

タクシーの運転手さんがサービスでくれたのど飴

このような「特別な」ことをされると

お客様は嬉しいもの。

不愉快になる人はほぼゼロでしょう。

でも、このような「特別な」ことを

飛行機の機内だったり、

ネイルサロンや美容室などで行う時は

ちょっと注意が必要です。

お客様が空間を共有する場所での

誰か1人への「特別」

時に、

他のお客様の「不公平感」に繋がります。

せっかく良かれと思ってしたサービスが

「誰かの不愉快」

になってしまったら本末転倒…

ですから

その時に周囲にいるお客様の様子や

視線もしっかり感じてくださいね!

「なぜ、あの人だけもらっているの?」

「なぜ、あの人は特別扱いなの?」

「なぜ、自分は大切にされないの??」

「すねちゃうよ、オレ」

というオーラを発しているお客様には

「アナタの事も大切に思ってますよ

忘れていませんからね!」

というアピールをしてくださいね(笑)

言葉をかけたり、アイコンタクトをしたり

方法はなんでもいいのです。

1人のお客様だけが

満足なさった様子を見て

「いやー、わたしって接客うまいなあ~」

と自分に酔いしれる前に

「ん?待てよ。

他のお客様の満足度はどうかしら?」

(with キョロキョロ)

これをお忘れなく~



☆七條千恵美の研修・講演ってどんなことするの?        
       ↓↓

  
http://glitterstage.jp/lecture/


☆七條千恵美のプライベートはこちら
       ↓↓
https://www.facebook.com/chiemi.shichijo
友達申請は「ブログを見た!」とメッセージを
添えてください

☆「CAになりたいんです!」という方はこちら
        ↓↓
元CA教官からのアドバイスがいっぱいのブログ


~~~~セミナー情報~~~~

11月21日(金)開催

高齢社会になっても選ばれる企業であるために!

第2回
「シニア顧客を虜にするための3つのポイント」

詳細はコチラ↓↓
http://ameblo.jp/abu-second-stage/entry-11939737273.htm











個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.