「アナタの接客はお客様を笑顔にしていますか?」-接客マナーとは小さな気遣いの積み重ね



こんばんは。

愛ある接客ができる社員を育成する研修講師

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

飲食店に行った時、

提供されたお料理を見て

「わあー!おいしそう」

と思ったことがある方は多いと思います。

しかしながら、残念なことに

「あれ…?メニュー写真と全然違う・・・」

と感じたり

「おいおい、野球部の合宿ですか?!」

とツッコミたくなるような

ご飯のよそい方だったり(笑)、

料理のお皿を置くスペースがないのに

次々に運んでこられたり…

という経験はないですか?

いくら身だしなみがよくて笑顔であったとしても

このようなサービスではお客様はガッカリです

なぜならば、そこには

・お客様、喜んでくれるかなあ~

・お客様、笑顔になってくれるかなあ!

という視点が抜けているからです。

上記のガッカリシリーズに共通するのは

とりあえず、出せばいいか・・・

という視点でしかサービスを捉えていないと

いうこと。

接客する際、

料理をサービスする際には

自分の振る舞いに対して、また

提供される料理や飲み物に対して

相手=お客様がどう感じるのかな?

というお客様視点を大切にしたいですね

提供された料理の盛り付け方

提供する料理の順番

食器を置くときの音や場所など

工夫や気遣いできることはたくさんあります!

また、いくら食材の説明をすることが

マニュアルになっているからと言って

お客様同士のお話を遮ってまで説明するのは

マナーとしてどうかな?

というようにいつも自問自答したいですよね

間違ってもお客様が

「え・・・。まさかスタッフがつまみ食いしたの??」

と超絶不安になるような盛り付けで

料理を提供してはいけませんよ(笑)

つまみ食い疑惑のある漬物写真です(笑)
度胆を抜かれ、思わず撮影…
         ↓↓

☆七條千恵美の研修・講演ってどんなことするの?        
       ↓↓

  
http://glitterstage.jp/lecture/

☆七條千恵美のプライベートはこちら
       ↓↓
https://www.facebook.com/chiemi.shichijo
「ブログ見た!」とメッセージをくだされば喜びます(笑)











個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.