「難しいお客様に振り回されていませんか?」-接客してると色々あります



こんにちは。

愛ある接客ができるスタッフを育成する研修講師

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

先日、某サロンに勤務する知人から聞いた話。

とても対応に苦慮する女性のお客様がいるとのこと。

突然予約の電話をしてきてはご希望に添えないと

「わたし、何年このサロンに通ってると思ってんの?」

と言い、

他店からのヘルプスタッフが予約の電話に出た際には

「わたしのこと、知らないスタッフがいるのねえ」

と言い、

施術中も何かにつけ説教が多いらしい・・・

「めんどくさい女だなー

もうそんな人、来なくていいんじゃない?」

と言いたい気持ちに蓋をして

いや、本当は口走ったけど(笑)

愚痴を言っているだけでは

何の解決にもならないので

わたしならこうやって対応するよという話をした。

接客は

その場所にいる人にしかわからない空気

お客様のクセ

スタッフのキャラ

周囲にいるお客様の様子

いろんなものが絡み合っているので

「これが正解!!」

ってものはないのですが

知人の対応を聞いていて

「謝りすぎじゃないかな?」

と感じた。

こういうタイプのお客様が求めているのは

お詫びじゃなくて

承認です。

自己顕示欲の塊ですから。

だから、ご希望通りに予約が取れなくて

「何年通ってると思ってんだ?」

と言われても

ご希望に添えないことについてだけお詫びして、

あとは

長らくご贔屓にしてもらっていることへの感謝

次回のご来店を心待ちにしていること
(→思ってなくても)

ご希望に添えないことについての心苦しさ

なんかをお伝えしますね。

難しいお客様だからと言って

言いなりになって振り回されると

「いつもそうやってもらってるんだけど?」

と言い出します。

ゴネ得が通用する店舗は

常識を持って店を利用しているお客様が

離れていきますよ。

ぺこぺこ媚びへつらうのが良い接客ではありません。

それは勘違いです。

ま、接客してると色々あります!

よーーーっくわかります(笑)

それでもなお

わたしは

「接客は楽しい」

と言い続けたいと思います

それは本音です


☆七條千恵美の研修・講演ってどんなことするの?        
       ↓↓

  
http://glitterstage.jp/lecture/

☆七條千恵美のプライベートはこちら
       ↓↓
https://www.facebook.com/chiemi.shichijo
「ブログ見た!」とメッセージをくだされば喜びます(笑)











個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.