「部下に理由を聞いていますか?」-行動の理由を聞いてみる



こんにちは。

愛ある接客ができるスタッフを育成する研修講師

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

今日は、教官時代のエピソードをお伝えします。

どんな職場でも遅刻はあってはならないことですが

定時運航を維持しなければならないエアラインの

CAであるならば、更に時間に対する高い意識が必要。

お陰様で在籍中は無遅刻だったわたしだけれど、

ヒヤリとした経験はあるので(2回)、

寝坊しちゃった人の気持ちはわかる!

でも、訓練においては教官として

「時間管理の大切さ」は

しっかりと刷り込まなければならない。

そんなある日、

わたしのクラスの訓練生が時間になっても出社しない。

「やっちまったか?!寝坊・・・(涙)」

と軽くめまいをおこしていると連絡が入った。

電話口の彼女はパニック…

「とにかく落ち着いて。待ってますから。」

と言って電話を切った。

そうは言っても、きっと髪を振り乱して

とても慌ててタクシーでとんで来るに違いない。

道で転んだりしなきゃいいが…。

ハラハラしながら彼女の到着を待っていると

一台のタクシーがビル付近で止まった。

彼女の姿を見てビックリ。

いつもよりも完璧な
化粧と髪のセット具合(笑)

しかも、
しゃなりしゃなりと歩いておる(笑)!

走ってこんかーーーいっ!

彼女から

遅刻に対する謝罪の言葉はあったけれど

大きく誤解を招く行動に対して

その行動の理由を聞いてみた。

すると

「ただでさえ、寝坊、遅刻という

あってはならないことをしてしまい、、

そのうえ、いつも指導されている身だしなみさえも

疎かにして出社するのはいけないと思い、

せめて身だしなみだけは完璧にしてきました。」

なるほどね…。

理解できました。アナタの行動の理由。

身だしなみよりも時間を優先して欲しかったが

それはわたしの伝え方のミスだ。

・・・でも、しゃなりしゃなりは(笑)?

「いざ、会社に着いたら自分のやってしまったことの

重大さに気づいて、なんと言ってお詫びするか

考えていました・・・走ってくるべきでした。」

なるほど、足取りが重くなった訳ね。

この行動の理由もわかりました。

でもね。

「その行動は理由を聞かないと誤解を招きますよ」

と伝え、

やってしまったことは仕方ないから

とりあえず、迷惑をかけた関係各所に一緒にお詫びしようと伝えた。

このケースから、

教官として発信の仕方を改善すべきだと学んだ。

そして、どんな人にも

行動には必ず理由があると学んだ。

アナタは部下の失敗だけを責めていませんか?

「何を考えているんだか!」と怒る前に

部下の行動の理由に耳を傾けていますか?

それを知らずにガミガミ言っても

ただ「怒られた」ということしか伝わらないし、

もしかすると

発信方法や指示にも問題があったのかも?

アナタの考えはアナタの頭の中にあって

アナタにとっては理解できるものでも

実は他人が聞いてみると

主語がなかったり、

日によって言う事が変わったり、

曖昧だったりしませんか?

混乱を招いていませんか?

部下から

「指示がわかりにくいです」

とは言いにくいもの。

部下から

「主語お願いします」

とは言いにくいもの(笑)。

部下の理解力を責める前に

自分の発信方法を振り返ってみることも大切ですね

そう言えば…

いたなあ。

メールが超長い上に「。」がなく「、」だけで

10行以上繋いでびっしり書いてくる人…。

理解するのが大変(涙)

「罰ゲームか?これ?」

と心の中で思っていたことはナイショです(笑)




☆七條千恵美の研修・講演ってどんなことするの?        
       ↓↓

  
http://goo.gl/FbHW8i

☆七條千恵美のプライベートはこちら
       ↓↓
https://www.facebook.com/chiemi.shichijo
「ブログ見た!」とメッセージをくだされば喜びます(笑)











個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.