「背景を想像できますか?」-お客の事情



こんばんは。

札幌への出張三日目でガムを踏んでしまい

ブルーだった七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

ついてない…(涙)でも、きっと良い事あるさ!!

と思っていたらコンビニのクジで紅茶が当たりました。

ん~、微妙(笑)!!

さて、

旅先では右も左もわからぬゆえ

駅員さんに質問したりタクシーの運転手さんに

「わかりますか?ここまで行きたいんですけど・・・」

と地図を見せたりすることが多い。

不安だからこそ親切にされたら有難くて染みる

邪険にされたら必要以上に悲しいのです。

しかも今日なんてガムも踏んだし(笑)

昨日利用したタクシーの運転手さんは

たったワンメーターだったけれど

「いつか北海道の広い場所で星空が見たい!」

と言ったわたしにお勧めスポットまで紹介してくれて

とても嬉しかったな~

降りる時には

「来月あたり北海道はいい時期だから

またゆっくり来てください!」なんて

運転手さんは無意識かも知れないけれど

会話の中からちゃんと

わたしが東京で忙しい日々を送っている

という背景を読んでくれていたと思う。

さあ、ガムを踏んだ本日。

タクシー運転手さんに行先を告げ

車内で書類に目を通していたわたし。

書類を読んでいて外を見ていなかったわたしは

「右折すればすぐですよ」

との運転手さんの声に反射的

「じゃあここでいいです!」

と言ってしまったが、外を見ると交差点の真ん中。

だから慌てて

「あっ、止めやすいところで…」

と言いかけた言葉にかぶせて運転手が

「ここでは止められません。」

と一言・・・

知ってるわっ!

だからわたし、外を見て言い直したよね?

それをアンタが被せてきたんだよね?

わざわざ

「ここでは止められません」って

言わなきゃ気が済まなかった?

ただでさえガム踏んで悲しいってのに!
(→その背景は彼は知る由もないが笑)

何だか

お金払うのも悔しくて

乗り逃げしました…っていうのは嘘ですが

「わたし、言い直しましたよね?

揚げ足取られてとても不愉快なんですけど。」

と言うと

オッサン無言…。

ふーん。あ、そう。

じゃあアンケートハガキ書くしかないわね。

という訳でハガキには

「苦情、ご意見のアンケートにご協力を。

社員教育の材料にします。」

と書いてあったので

しっかりと協力させていただきました

教訓①:お客に恥をかかせてはならない

教訓②:お客にはそこにくるまでの背景がある



人気ブログランキングへ

社員を輝かせたい経営者!!
人材こそ宝だ!とお考えの経営者!!
七條千恵美(しちじょうちえみ)からパワーをもらいたい人!
CAの夢を諦めたくない人!

七條千恵美(しちじょうちえみ)への研修依頼・
講演依頼・就活支援・コンサルのお問い合わせは
こちらから↓↓
info@glitterstage.jp












個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.