「『嘘も方便』って知っていますか?」-言わなきゃいいのに…



こんばんは。

大型スーパーの前で街頭インタビューを受けた

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

突然の事で訳が分からぬまま始まってしまい、

「あんな回答で良かったのかな…」という思いと

「口紅落ちてたかも…」という不安にかられております(笑)

さて。

先日、大きな荷物が2つ着払いで届けられた。

(→事前に知らされず…)

その金額2700円。

しかし、手元には10000円札しかない。

配達員さんの限りあるお釣りを使わせてしまうことに対し、

「申し訳ないなあ…」と思いながらも

仕方ないので

「すみません、10000円しかなくて…」

と差し出した。

すると

「あ~…。お釣りが…。」

という配達員さん。

「ちょっと待ってて!家中の小銭集めてきます!」

と言い、子供のお小遣いまで一時的に出させるも

2000円にしかならず…(涙)

「ごめんなさい。2000円しかなかったです…。」

と言うわたし。

すると・・・

「後でまた荷物持ってきてもいいですか?」

と配達員さん。

(この後がビックリ)

「お釣り8000円あるんですけどね。

お宅、一件目なんですよ。

あと何軒もまわるのに

お釣り足りなくなると困るから…」


・・・・・・・・??

「・・・あ~。はい、わかりました~…」

と言って配達員さんをお見送りしたものの、

なんかおかしくないか(笑)??

・わたしは請求金額を払えたよね?

2件目の人が10000円出したらどうするんだろう?

なんで私が我慢しなきゃならんのだ?!

・近くのコンビニで10000円をくずせばいいじゃん!

お風呂入りたいのに再配達来るって言うし!!

・お釣り無いなら仕方ないけどあるなら出せ(怒)

こんな思いがグルグルと渦巻いた。

配達員さんの気持ちはわかる!!

「ゲゲッ!一件目から10000円かよ~」

って思ったのは許す!

でもね。

「嘘も方便」って言うじゃない?

正直に

「一件目からお釣りは使いたくない」

と言うよりも

あなたも私もハッピーな嘘

「ごめんなさい!お釣り切らしてるんですよ~。

お釣りを用意でき次第、お荷物お届けします!」

って言えばいいのに…(笑)


人気ブログランキングへ

社員を輝かせたい経営者!!
人材こそ宝だ!とお考えの経営者!!
七條千恵美(しちじょうちえみ)からパワーをもらいたい人!
CAの夢を諦めたくない人!

七條千恵美(しちじょうちえみ)への研修依頼・
講演依頼・就活支援・コンサルのお問い合わせは
こちらから↓↓
info@glitterstage.jp











個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.