「部下の本音を知りたいですか?」-そのためにやるべきこと



こんばんは。

オリンピック観戦の寝不足を解消すべく、

今朝は朝寝坊七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

オリンピック観戦大好きです!

にわかファンではありますが、

テレビの前でドキドキしたり、叫んだり(笑)

を流したり…。

選手の4年間の努力や思い家族の気持ち

思いを馳せるとたまらなくなりますね。

「国費なんだからメダル取れなきゃ○×△…」

というご意見もあるようですが、

その言葉をそっくりそのまま

国費で国際会議に出席する偉い方たちにも

伝えて欲しいですね(笑)

外交で金メダル取ってきてね」

さて。

唐突ではありますが、わたくしが過去、

上司から言われた忘れられない言葉をご紹介します。

「さすがだね!」
(そんな、そんな…)

「あなたがいて助かった!」
(ウフフ…)

「あなたなら間違いない!」
(いや~!それほどでも~)

「おまえ、頭おかしいんじゃないのか?」
(死んだ方がいいですか…?)

振り幅の大きい様々な言葉を言われましたが(笑)

わたしが最も心に残っている言葉

「こんなに本音でぶつかってくれる部下がいて

 上司としてこれほど幸せな事はない

です。

正直、驚きました。

こんなわたし、迷惑だと思っていましたから…

「○○さんだからこそ、できたことです。」

と言うわたしに

ほとんどの上司が『部下の本音を知りたい』

 と心から思っているわよ。」

とその上司は答えました。

以前に、大手企業で管理職に就いている友人からも

「部下が何を考えて仕事をしているか知りたい」

と聞いたことがある。

部下から本音の意見を引き出せる上司

部下が本音を語らない上司の違いって何?

答えはいたってシンプルです。

上司が部下に本音の姿で向き合っているか?

これだけです。

部下もバカじゃない。

上司が自分たちに見せている顔

お偉いさんに見せている顔
が違えば警戒します。

いくらいつもニコニコ笑顔で部下に接していても

人気取りのための笑顔心からの笑顔かは

嗅ぎ分けます。

会社や職場の規模に関係なく

部下の本音が知りたければ

自分自身が

本当の姿で接することだと思います


人気ブログランキングへ

社員を輝かせたい経営者!!
人材こそ宝だ!とお考えの経営者!!
七條千恵美(しちじょうちえみ)からパワーをもらいたい人!
CAの夢を諦めたくない人!

七條千恵美(しちじょうちえみ)への研修依頼・
講演依頼・就活支援・コンサルのお問い合わせは
こちらから↓↓
info@glitterstage.jp











個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.