タイミングの良い食材説明と楽しい会話でもてなしてくれたスタッフさん



こんにちは。

 

【一番に思い出され選ばれる人になる!】

「外見力」「察知力」「会話力」

3つの力で選ばれる人を育成する

接客アドバイザー

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

 

先日、経営者の男性2名と会食したときのこと。

 

そこは和食のコース料理を提供する

お庭も美しいステキなお店でした。

 

そして何よりも素晴らしかったのは

わたしたちのテーブルについてくれた

女性スタッフの臨機応変な会話とその心。

 

お料理が出てきたときに

食材の説明をしてくれるお店はありますが

説明のタイミングが

お客さまの会話を遮るものであったり、

ただの暗記丸出しの

棒読みであったりするところもたくさんあります。

 

そのような場合は食材の説明の目的が

「マニュアルで決まっているからいう」

になってしまうのですが、

本来の目的は

「お客さまにお食事を楽しんでもらうため」

にあるもの。

 

この女性スタッフは、説明のタイミングも

会話の切り返しも本当に素晴らしく、

お陰さまで美味しい料理がさらに美味しく

そして楽しくいただくことができました^^

 

大笑いしたのは

スッポンのお料理が出てきたとき。

 

 

ご一緒した男性経営者のひとりが

お約束とばかりにスッポンに反応し(笑)、

「許される範囲の」軽い冗談を言いました。

(セリフはご想像にお任せします(゚∀゚))

 

それを聞いたわたしは女性スタッフさんに

「こういうこという人、絶対いますよね!笑」

といい、

そして、そのとき席を外していた

もう1人の男性経営者が戻ってきたときにも

必ず同じような冗談をいうだろう

皆で予想しました。

 

私が、

「もし同じような冗談を言ったときは

『本日2回目でございます』とシレッと

返してくださいね(笑)」

というと女性スタッフさんは笑いながら

「いえいえ。

初めて聞いたような顔をしておきます(゚∀゚)」

といって一緒に楽しんでくれました。

 

さて、

ご注目の男性経営者が席に戻ってきました。

 

彼女が食材の説明をはじめ、

スッポンを使用していることを彼に告げました。

皆の期待が高まります。

 

食材がスッポンだと聞いた彼は、

「ほう!スッポン!

(モグモグモグモグモグモグモグモグ…)

 

待てど暮せど

(モグモグモグモグモグモグ…)

 

そろそろ言うのか?!言うのか??

(モグモグモグモグモグモグ…)

 

 

待ち切れなくなった我々、

思わず

「言わんのかいっっ!!(/・ω・)/」

とツッコミました(笑)

とっても楽しかったです♪

 

出過ぎるでもなく

引きすぎることもなく、

一緒に空間を楽しんでくれているように見えた

女性スタッフの接客、

安心して大切な人を連れていけるお店だと

思った次第です^^

 

 

 

☆七條千恵美のインタビュー記事はコチラ☆

☆2016年11月9日発売 ※9度目の増刷決定!
「接客の一流、二流、三流」

(明日香出版社)
img_20161102_122941

☆2017年1月30日発売!
「ザ・チームワーク」
(アルファポリス)

☆人生を決める

「ありがとう」と「すみません」の使い分け
(アルファポリス)

FB_IMG_1466757952345

Amazonでも注文できます♪











個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.