それはお客さまに聞かせてもいい話ですか?会話の内容に気をつけて



こんばんは。

 

【一番に思い出され選ばれる人になる!】

「外見力」「察知力」「会話力」

3つの力で選ばれる人を育成する

接客アドバイザー

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

 

先日、

友人宅への手土産にケーキを買ったときのこと。

 

(画像はイメージです。ああ、おいしそう…)

 

 

対応してくれたスタッフさんは

50代後半から60代くらいかな?

と思われる女性スタッフ。

 

若干、表情が険しいものの

お話しが好きな人だったようで

終始、マニュアル通りではない

自然な会話が続きました。

 

そして彼女が

「フォークは何本必要ですか?」

と聞いてくれたので

「5本お願いします(ケーキと同数)

と答えたところ、

「時々ね、ケーキは5つなのに

『フォーク10本!』

というお客さんもいるんですよ」

と…。

 

彼女の言いたいこと、すごくよくわかります。

ただでもらえるものは

たくさんもらわなきゃ!(≧◇≦)

と鼻息荒くなる人、いますよね…

スーパーでもロール式ビニール袋を

いつまでもグルグルと手に巻き付けている人、

見ていてドン引きします。笑

(いつまでやっとんじゃと言いたくなる)

 

なのでつい私も、

「そういうのって悲しくなりますよね~」

と、彼女の会話にのっかってしまったものだから

「『どうやって食べるんですか?』って

聞きたくなりますよ(-“-)!」

と彼女もヒートアップ。

 

わたしにはずっと親切に対応してくれ、

個人的には嫌いじゃない。

けど、なんか引っかかる・・・

 

接客アドバイザーの立場からいうと

この引っかかりは、

彼女のプロ意識の低さだと思いました。

 

接客する人も人間ですから

色んな感情があります。

そして、

接客をしていると

色んなお客さまと出会うので

「ムッキ―( `ー´)ノ!

ちょっと聞いてよ!!」

という出来事もあるでしょう。

 

でも、

その話をする相手は選ばなければなりません。

個人でお店を出しているならまだしも

組織で働くならば

その企業がめざしているブランドや

カラーがあるのでなおさらです。

 

会話にのっかってしまい、

煽った責任はわたしにもありますが(笑)、

そこはグッと堪えてほしいところです。

目の前にいるお客さまに

他のお客さまの悪口、言っちゃダメですよ♡

 

 

 

 

 

☆七條千恵美の研修・講演について☆

☆七條千恵美のインタビュー記事はコチラ☆

☆2016年11月9日発売 ※8刷が決定しました!
「接客の一流、二流、三流」

(明日香出版社)
img_20161102_122941

☆2017年1月30日発売!
「ザ・チームワーク」
(アルファポリス)

☆人生を決める

「ありがとう」と「すみません」の使い分け
(アルファポリス)

FB_IMG_1466757952345

Amazonでも注文できます♪












下の記事も一緒に読まれています。




個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.