お客さまの様子に興味・関心はありますか?それがない人に接客は不向きです…



こんにちは。

 

【一番に思い出され選ばれる人になる!】

「外見力」「察知力」「会話力」

3つの力で選ばれる人を育成する

接客アドバイザー

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

 

先日、仕事の帰りに

とあるパン屋さんにいったときのこと。

 

その日、わたしが持っていた荷物は

PCの入った重いカバン、紙袋、傘。

それらを肩や肘にかけ

右手にトング、左手にトレーをもって

パンを選んでいました。

 

ツルッツルのトレー上に

揚げたてのカレーパンなんかを乗せると

少しの傾きでも思いのほか勢いよく

パンが滑りますよね( ゚Д゚)

あわや落っことしそうになって

ドキッとすること、わたしよくあります。

 

とくにこの日は荷物が多い状態で

トレー&トングをもっていたため、

トレーを水平にキープして

パンの落下を防ぐことに加え、

肘にかけた荷物が

商品棚にあるパンに触れないように…

という慎重さが求められました。

そう、いつもより難易度高め。

(ちょっと大袈裟?)

 

 

そんな中、

おいしそうなピザを発見!

 

そして今度はピザをとるために、トングではなく

スパチュラ―(三角のへら)を使用。

これまた水平キープが必要なアイテム

さらに難易度アップ!!

 

どうにかこうにか

無事にピザをトレーにのせたそのとき、

「ピザはこのケースに入れてレジまで」

という案内表示と三角のプラスチックケースが

私の目に飛び込んできました( ;∀;)

 

広いトレーにのせるのさえ難易度高いのに

形ほぼぴったりの三角ケースに

ピザを着地させなければなりません。

 

「いれにくい~~( ;∀;)」

と悪戦苦闘しながら

チラリと店内を見回すと

閉店間際でほとんどお客さまのいない店内に

スタッフが2名…。

 

長時間労働で疲れているのか、

表情ひとつ変えることなく

ボーッとどこか一点を見つめて

トレーを拭く作業をしていました。

 

そんなスタッフの目には

わたしの荷物が多くてパンがとりにくいこと

まさかの三角ケースに翻弄されていること

それでもピザを買うことに果敢に挑戦する姿

「助けてくれたら嬉しいけども~( ;∀;)」

気持ちも届くことはありませんでした。

 

ほんのちょっとの気遣いが嬉しいんだけどなあ…

なんて思いながら、

自力でミッションを遂行したわたしでした。

お客さまの言動に関心・興味をもつって

接客では欠かせないことなんです。

こんなエピソードでも何かのヒントになれば

幸いです^^

※「そんな状態だったならば

コンビニで食パン買えば?」

というご意見は受け付けておりません。

 

 

 

 

☆七條千恵美の研修・講演について☆

☆七條千恵美のインタビュー記事はコチラ☆

☆2016年11月9日発売 ※8刷が決定しました!
「接客の一流、二流、三流」

(明日香出版社)
img_20161102_122941

☆2017年1月30日発売!
「ザ・チームワーク」
(アルファポリス)

☆人生を決める

「ありがとう」と「すみません」の使い分け
(アルファポリス)

FB_IMG_1466757952345

Amazonでも注文できます♪












下の記事も一緒に読まれています。




個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.