その言葉、接客ではNGです。お友達同士でどうぞ…



こんばんは。

 

【一番に思い出され選ばれる人になる!】

「外見力」「察知力」「会話力」

3つの力で選ばれる人を育成する

接客アドバイザー

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

 

これは書かなくてはなりません( ;∀;)

友人とランチをしたときのことです…。

 

はじめにお伝えしておきますが、

このお店はとてもおシャレで

どの料理もおいしく、

混雑していましたが、

久しぶりに再会した友人と

とても楽しい時間を過ごしました。

 

そして

どのスタッフさんも表情が柔らかく、

雰囲気としてはいい感じでした。

 

今から私に書かれてしまう

ひとりの男子スタッフも

少し幼い感じはするものの

終始ニコニコしていて可愛らしい印象でした。

 

ところが、

彼の使う言葉は

ところどころ接客に相応しくないなあと

感じさせるものがありました。

「でもまあ、まだ伝えるスキルがないだけで

感じもいいし、細かいことは言うまい」

と思って聞き流そうとした矢先…。

 

彼は満面の笑みでこう言いました。

なるはやでお持ちします(´▽`*)」

 

思わず、

なるはやで( ゚Д゚)?!

(ソレ、接客で言っちゃう?)

とリピートしてしまいました。

 

接客時、お客さまに

平気でなるはやと言ってしまう男子スタッフ。

そして、

私が「なるはや??」と繰り返しても

それを「しまった!」と感じることもなく

ニコニコしている大物っぷり。

 

きっと彼に悪気はないんです。

知らないだけ。

教えてもらってないだけ…

しかし!!!

このようなスタッフをお客さまの前に出すのは

危険ですよ、社長さん!

と思った私です。

 

で、このあとに

外国人のスタッフが料理をもってきたのですが

「オサラガアツイノデ、オキヲツケクダサイ」

と!

なるはや君の何倍も美しい日本語でした。

(どういうこっちゃ)

 

若者言葉は、ときに楽しいものでもありますが

使う場所、場面、相手を選ぶ必要があります。

あ、そうそう。

最近わたし、これも気になってます。

「○○しちゃってください」

お客さまとの心の距離が近いときや

あえてユーモラスに使うことで

良い効果があるときは

たまにはOK?とも思いますが、

「○○しちゃってください」

正しい敬語とばかり

連発しているスタッフさんも見かけます。

 

美しい言葉を嫌う人はいません。

接客時の言葉について

今一度

振り返ってみませんか♪

 

 

 

 

 

☆2017年1月30日発売!
「ザ・チームワーク」
(アルファポリス)

☆2016年11月9日発売 ※6刷が決定しました!
「接客の一流、二流、三流」

(明日香出版社)
img_20161102_122941

☆人生を決める

「ありがとう」と「すみません」の使い分け
(アルファポリス)

FB_IMG_1466757952345

Amazonでも注文できます♪

☆七條千恵美の研修・講演について☆

☆七條千恵美のインタビュー記事はコチラ☆












下の記事も一緒に読まれています。




個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.