ちょっとした機転がキラリと光る接客になります



こんばんは。

 

【一番に思い出され選ばれる人になる!】

「外見力」「察知力」「会話力」

3つの力で選ばれる人を育成する

接客アドバイザー

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

 

先日、

研修の前にちょっと何か食べておこうかと

見知らぬ土地でカフェを探していました。

 

ふと見ると、

1階がパン屋さんで

2階がカフェになっている建物を発見。

 

 

 

1階で購入したパンを

2階のカフェで食べることが

できるのだろうとは思ったものの、

万が一、違った場合に

能天気にパンの袋をさげて

研修会場に行くようなことは避けたいため

パン屋さんに入ってすぐに

スタッフのお兄さんに聞いてみました。

 

「あの~。ここで買ったパンを、

2階のカフェで食べることはできますか?」

という私の質問に、

お兄さんは作業の手を止めて

「はい。できますよ!

2階の席はもうお取りですか?」

と何とも爽やかな笑顔で答えてくれました。

 

そして、

席を確保していないことを伝えると

「ちょっと待っててくださいね」

といって2階のスタッフに連絡してくれ、

席を取ってくれました(*‘ω‘ *)

「先に席をお取りください」

って言われるかと思ったのに!

 

お昼の混雑時できっと忙しかったはず。

なのに

作業の手を止めて対応してくれたこと。

爽やかな笑顔だったこと。

なによりも、

「初めてきました感」丸出しのわたしに

恥をかかせることなくスムーズに対応し、

席まで確保してくれたこと。

 

文章にすると

接客としては当たり前のことですが、

これらの

「当たり前」ができている店って

本当に気持ちがいいものです。

 

お客さまへのサプライズとか

顧客の名前を呼んで個別感を出す

ということが有効な場面もありますが、

まずは

このような接客の原点を見直すだけで

キラリと光る接客になりますね♡

 

 

 

 

 

☆2017年1月30日発売!
「ザ・チームワーク」
(アルファポリス)

☆2016年11月9日発売 ※6刷が決定しました!
「接客の一流、二流、三流」

(明日香出版社)
img_20161102_122941

☆人生を決める

「ありがとう」と「すみません」の使い分け
(アルファポリス)

FB_IMG_1466757952345

Amazonでも注文できます♪

☆七條千恵美の研修・講演について☆

☆七條千恵美のインタビュー記事はコチラ☆











個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.