せっかくの「気づき」を台無しにするべからず



こんばんは。

 

【一番に思い出され選ばれる人になる!】

「外見力」「察知力」「会話力」

3つの力で選ばれる人を育成する

接客アドバイザー

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

 

 

先日、

ある場所で化粧室を使用したときのこと。

そこには、車イスでも使用できる

電動開閉式ドアの化粧室がありました。

「どなたでも使用可」という表示があり、

ほかの化粧室も使用中だったので、

わたしは

その電動式ドアの化粧室に入ろうとしました。

 

ところが、

日頃あまりそのような化粧室を使用しないので、

ほんの数秒、

「開ボタン」を探してしまいました。

 

すると突然、

誰かの手が後ろからニュッと伸び、

私が瞬時には見つけられなかった

「開ボタン」をペシッ!と押しました!

その様子は、

まるで百人一首の名人のような動き・・・。

 

 

 

驚いた私は

ギョッとした顔で後ろを振り返りました( ゚Д゚)

するとそこには、女性のスタッフが。

 

私の( ゚Д゚)←こんな顔に気づいたスタッフは

あわてて笑みを浮かべましたが、

笑みを浮かべる前の表情には、

「大きく 『開』 って書いてあるでしょ?」

という気持ちが表れていました。

 

せっかく

「迷っているお客さまをお助けする」という

プラスの行動をとっているのに

そこにある気持ちがプラスではなく、

「まったくもう(-“-)」という表情を

お客さまに見られてしまった事例です。

 

きっとこのスタッフは、

何度もわたしのような

「開ボタンをすぐに探し当てられないお客」に

遭遇しているのでしょうね。

でも、

スタッフにとっての当たり前は

お客さまにとっての当たり前ではありません。

 

せっかく、お客さまの

「あれ?ボタンどこだろ?」という仕草に

気づいたのですから、

「どうぞ、お使いください(ニッコリ)

とか

「少しわかりにくい位置にありますよね」

とか

気のきいた言葉と優しい表情があると

「気づき」と「行動」がプラスのものになります。

 

あ、それから

後ろから手をニューッと伸ばして

百人一首名人のような所作もNGです。笑

お客さまの前に手を伸ばすときは

「失礼します」のひと言と

「音を立てない」ということをお忘れなく♡

 

 

 

 

☆2017年1月30日発売!
「ザ・チームワーク」
(アルファポリス)

☆2016年11月9日発売 ※4刷が決定しました!
「接客の一流、二流、三流」

(明日香出版社)
img_20161102_122941

☆人生を決める

「ありがとう」と「すみません」の使い分け
(アルファポリス)

FB_IMG_1466757952345

Amazonでも注文できます♪

☆七條千恵美の研修・講演について☆

☆七條千恵美のインタビュー記事はコチラ☆











個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.