その「一手間」をかけることで印象が変わります



こんばんは。

 

【一番に思い出され選ばれる人になる!】

「外見力」「察知力」「会話力」

3つの力で選ばれる人を育成する

接客アドバイザー

七條千恵美(しちじょうちえみ)です。

 

娘が誕生日プレゼントにドレッサーをリクエスト。

というわけでお店に見に行ってきました。

 

気に入ったものがすぐに見つかり、

さっそく配送の手配。

その時のスタッフの対応をご紹介します。

 

結果的には

私の希望通りにならなかったことですが

NOと言われたにもかかわらず、

スタッフさんの

「ある一手間」によって

むしろ好感をもった事例です。

 

私の配送希望日は

午前の便がすでにいっぱい。

受付画面には×がついていました。

できれば午後はでかけたいし…。

どうしよう?

次の日にするか??

いや待てよ。

翌日はたしか出張だったような…

という感じで

私が配送予定日を決めかねていると

スタッフの女の子が、

「画面には×がついていますけど

念のため、

ご希望日の午前に空きがないか

営業所に電話で聞いてみましょうか?

と言ってくれました。

 

画面上は×になっているので

期待はできないものの

数パーセントの確率のために

一手間を惜しまずに

電話をしてくれたことで

もう私の中では

「ありがとう」

という気持ちしかないわけです。

 

本日お客さまだった私としては素直に

「丁寧な対応…(´▽`*)」

と受け取って

終わりにすればいいことですが、

実はこれって

接客のテクニックとしても

使えることなんです。

 

このような一手間をかけること

というのは

すぐにNOと言われるよりも

当然のことながら

ずっと印象のいいものです。

 

しかし、

テクニックとして使う際にも

そこに添えられているものは

美しい心であることは

言うまでもありません(笑)

 

「はいはい、一手間かけたよ。

さあ、文句言わずに納得してね」

という気持ちでおこなうものではなく、

「どうにかしてさしあげたい」

「気分を害さずにご納得いただきたい

=気分よくお帰りいただきたい」

ベースとなるのはこのような気持ちです。

つまり、

テクニックではあるけれど

その根底には心がないとね♡

ということです。

参考にしていただけますと幸いです^^

 

 

 

 

 

☆11月9日発売 ※4刷が決定しました!
「接客の一流、二流、三流」

(明日香出版社)
img_20161102_122941

☆人生を決める

「ありがとう」と「すみません」の使い分け
(株式会社アルファポリス)

FB_IMG_1466757952345

Amazonでも注文できます♪

☆七條千恵美の研修・講演について☆

☆七條千恵美のインタビュー記事はコチラ☆











個人情報保護方針
 Copyright (C) 2017 GLITTER STAGE Co,Ltd All Rights Reserved.